3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カルフール、価格高を理由にフランスでペプシコ製品を放棄

カルフール、価格高を理由にフランスでペプシコ製品を放棄

最近、ヨーロッパの経済ニュースが明るく輝いています。公式統計によれば、インフレはついに低下しつつあります。 しかし、スーパーマーケットに行くと依然として法外な価格に直面している消費者には、そのことを伝えてください。

木曜日、フランス最大の食品小売業者は、この状況に立ち向かうために抜本的な措置を講じ、価格が消費者にとって「容認できないほど」高いため、ペプシコ製品の販売を中止すると発表し、ブランドのネーミングをめぐるフランスの小売業者間の対​​立が激化した。 インフレが低下すると価格が下がります。

世界的な小売大手カルフールは木曜日、フランス国内の3,440店舗のスーパーマーケットにポスターを設置した。そこでは通常、レイズポテトチップス、ペプシ、セブンアップソフトドリンクのほか、ドリトス、クエーカーシリアル、その他のペプシコ製品が陳列されている。 「許容できない価格高騰のため、このブランドはもう販売しません」と看板には書かれていました。

ペプシコの広報担当者は、同社は「数カ月間カルフールと協議を続けており、当社製品の入手可能性を確保するために今後も誠意を持って取り組んでいく」と述べた。

この動きは、ヨーロッパ全土で広範な価格上昇が鈍化しているにもかかわらず、家計に打撃を与え続けている食品コストの削減をメーカーに圧力をかけようとする試みに対する、フランス政府の奨励による最新の批判だった。

このキャンペーンの一環として、メーカーが価格を維持または値上げしながら食品包装のサイズを縮小するシュリンク行為にも取り組んでいるブランドを特定することが含まれています。

ユーロ圏のインフレ率は11月に2年ぶりの低水準となり、欧州中央銀行の積極的な利上げや欧州諸国によるエネルギー・食料価格緩和努力の結果、予想よりもはるかに速いペースで下落した。 フランスではインフレ 薔薇 12月の年率は3.7%で、前年比3分の1減少した。

しかし、食料インフレは特に根強い。 パスタからヨーグルトに至るまで、フランスの典型的な食料品のバスケットは、依然として1年前と比べて7パーセント高い。

一部のメーカーは、欧州では投入コストが特に高いため利益率が平均を下回っていると主張して、これらのコストを正当化している。 ユニリーバの最高財務責任者であるグレアム・ピットキースリー氏は10月にアナリストに対し、「価格上昇の程度は歴史的には高いものの、これまでに見られたコストインフレをカバーするにはまだ不十分だ」と語った。

スーパーマーケットの売上高で欧州最大の食料品市場であるフランスは、1年以上にわたり製造業者や小売業者に対し、価格を引き下げるよう圧力をかけている。

エマニュエル・マクロン大統領は、主にロシアの侵略によって引き起こされた記録的な高値が1年以上続いた後に現れ始めた原材料費の全般的な下落を反映するため、食品価格が少なくとも5%下落することを望んでいると述べた。 ウクライナ。

同氏は11月、買い物客に迅速な救済をもたらすため、フランスの小売業者と製造業者の間で年に一度行われる価格交渉の期限を2カ月延期し、1月末までとするよう求めた。 フランスも最近、食品小売業者に収縮表示キャンペーンの実施を強制する提案を欧州連合に提出した。 カルフールは、デフレの程度と消費者による価格操作の程度を詳しく記した看板を店頭に置き始めた。

マクロン大統領は「大企業が自社ブランドの一部の価格を値上げしているが、われわれは大企業を交渉の場に戻し、できるだけ早く値下げを達成したい」と述べた。 「これほど多くの家族が生活必需品について選択を迫られているのは容認できない。」

多くの世界的な消費財企業が過去1年間で価格を2桁値上げした。 彼らは多くの場合、これらの増加は部品コストと人件費の高騰によるものだと考えていました。 同時に、これらの企業の多くは、より少ない商品を高価格で販売することで利益が増加したと報告しています。

ここ数カ月間、企業は買い物客の購買意欲が高まっていると報告しています。 インフレと高金利による負担。 ペプシコなど消費財を販売する企業は、顧客が財布の​​ひもを締めていることに気づいたと報告している。

当時ペプシコの最高財務責任者だったヒュー・ジョンストン氏は10月の決算会見でアナリストに対し、「現在、消費者の選択はさらに進んでいると思う」と語った。 「何らかの価値観が見られますね。」

小売業者は価格が下がることを望んでいます。 米小売最大手ウォルマートの幹部らは、年末商戦を前に一般商品価格の抑制を歓迎しているが、食品価格の上昇が続いていることを懸念している。

ウォルマートのダグ・マクミロン最高経営責任者(CEO)は11月、アナリストらに対し、「私たちが見ている一部のディスインフレが助けになっているが、特に乾物食料品や消耗品のカテゴリーで、より多くの、より迅速なインフレが見られることを望んでいる」と語った。

フランスのこの動きは、経済が低迷しているにもかかわらず続いている生計費危機に対処しようとする欧州の幅広い機運の中で行われた。 米国経済が拡大する一方、欧州は全く異なる道を歩んでいた。二重の高金利と、ロシアのウクライナ戦争によるエネルギー危機の長期化による経済低迷が続いた。

イタリアでは、政府が小売業者や製造業者に食品価格を引き下げるよう圧力をかけようとした。 ギリシャ政府はスーパーマーケットに対し、基本的な食品の価格報告を義務付け始めた。

フランスの他のスーパーマーケットチェーンもこれに追随する可能性があると述べている。 食品小売大手ルクレールのミシェル・エドゥアール・ルクレール社長は火曜日、フランスのラジオのインタビューで「まだ終わっていない」と語った。 同氏は、多くの食品メーカーが依然として6─8%の値上げを要求していると付け加えた。

J・エドワード・モレノ 彼はニューヨークからのレポートに貢献した。

READ  フォルクスワーゲン・グループはカリアドで2,000人の人員削減を計画、将来の電気自動車プラットフォームは遅れに直面