12月 2, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

[Today’s K-pop] Kep1er が日本ショーケースに日付を追加

[Today’s K-pop] Kep1er が日本ショーケースに日付を追加

(クレジット: WakeOne Entertainment/Sony Music Japan)

WakeOne Entertainmentは木曜日、ガールズグループKep1erが再び日本で公演することを決定したと発表しました。

9 人のメンバーによるアクトは、9 月 10 ~ 11 日に予定されていたショーケースで、この国で公式デビューを果たします。 両方のイベントのチケットは発売と同時に完売したため、同社は 2 日目のコンサートを追加しました。

新バンドは水曜日、日本デビューシングル「Fly-Up」のタイトル曲「Wing Wing」をリリースした。 「ワダダ」と「アップ!」 シングルアルバムは、日本語バージョンを含む4トラックで構成されます。

Kep1er は 1 月に EP “First Impact” でデビューしました。 フォーカス トラック「Wa Da Da」は、先月 Spotify で 1 億回の再生回数を記録し、シングルのミュージック ビデオは、リリースから 3 か月後に YouTube で 1 億回を超えました。

Boyzが次のEPのトラックリストを発表

(クレジット: ISTエンターテインメント)

(クレジット: ISTエンターテインメント)

木曜日、The Boyz は 8 月 16 日にリリースされる予定の 7 番目の EP の完全なトラックリストをアップロードしました。

EP「Be Aware」は全6曲で構成され、11人のメンバーの多くが全曲の作詞に参加。

リード曲「Whisper」は未来的なシンセサウンドを多用し、バンドのエネルギーに満ち溢れている。 ジェイコブとソヌは、Retro-Ding という曲の歌詞を共同で書きました。 ソヌは「サバイブ・ザ・ナイト」の歌詞で完全なクレジットを受け取り、4人のメンバー全員がファンに捧げる曲「タイムレス」に貢献しました. 「Timeless」は、金曜から日曜までソウルで行われるバンドのコンサートでのフルリリースに先立ってリリースされる。

3 日間のコンサートは、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの 11 都市を巡るバンドの最初の国際ツアーの締めくくりでした。

キム・ジェジュン、来月3枚目のLPをリリース

(クレジット: Cjesエンターテインメント)

(クレジット: Cjesエンターテインメント)

キム・ジェジュンが3枚目のスタジオアルバムで9月にカムバックするとC-JeSエンターテイメントが木曜日に発表した。

2 枚目のフルアルバム「No.X」から約 6 年後に、バラードやポップスからハードロックまでジャンルを横断する方法を示しています。 彼の前のアルバムは、2020 年の 2 番目の EP「Love Song」でした。 ベテランのミュージシャンは、ドラマ「プライベート ライヴ」など、一連のオリジナル サウンドトラックにも参加しています。

東方神起の元メンバー! 来月のソウル、10月のタイを皮切りにマレーシアへの海外ツアーも予定されている。 彼のアジアへの最後の旅行からほぼ 5 年が経ちました。

その間、彼は今年後半に放送されるドラマの撮影も終えました.

午後2時のジュノ、東京・ソウルでファンに挨拶

(クレジット: JYPエンターテイメント)

(クレジット: JYPエンターテイメント)

2PMのジュノが8月12日から14日までソウルでファンに会うと、JYPエンターテイメントが木曜日に発表した。

レーベルは、「Before Midnight」というタイトルのイベントのティーザー ポスター 3 枚をアップロードしました。 最終日のミニコンサートは、Never’s Beyond Live プラットフォームで生中継されます。

来週、彼は日本のファンに会うために東京に旅行します。 ベテランアイドル兼俳優が3年半ぶりに武道館復帰。

これとは別に、彼は9月からラブコメシリーズの撮影を開始します. 「キング・ザ・ランド」という仮題のドラマで、彼は少女時代のイム・ユナの反対側にある大企業の相続人である男性主人公を演じています.

ファン・ユミ
(glamazon@heraldcorp.com)

READ  考古学:現代の日本人は3つの古代文化から来ました。