5月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Fugro の自動昇降プラットフォームが地盤工学作業を継続するために日本に移転

Fugro の自動昇降プラットフォームが地盤工学作業を継続するために日本に移転

Fugro は、地盤工学サービスで地元の洋上風力発電市場を簡単にサポートできるよう、自社の自動昇降プラットフォーム (SEP) Amberjack を日本に移転しました。

出典: フグロ

アンバージャックは2023年12月に改修され、現在は東京に拠点を置き、日本の風力発電プロジェクトに使用され、地盤工学的掘削、高品質サンプリング、ダウンホールのコーン貫通などのさまざまな現場試験を顧客に提供する予定だ。 テスト (CPT) と標準侵入テスト (SPT)。

このサイトは、予備的および詳細な地質工学調査および索道調査のための下流の地球物理学的記録も提供します。

フグロ氏によると、日本の規制に基づいて日本で登録されている船舶は、現地作業に派遣される際に外国船籍の船舶よりも合理的な手順に従っているため、この動きによりプロジェクト現場への動員が加速され、地元のオフショアへの地理データのより迅速な配信が可能になるという。風力産業。 。

SEPの機能はすべて国際および日本の地質工学基準に準拠しており、最大水深は42メートルまでとオランダの会社は述べた。

「フグロカンパチの日本への移転は、我が国の地質工学的SEPサービスに対する需要の高まりに迅速に対応するのに役立ちます。日本政府は、2030年までに10GWの洋上風力開発、2040年までに30GWから45GWの風力発電を目標としています。」 言った 川村淳一Fugroの日本担当カントリーマネージャー。

「当社の地理データ ソリューションはエネルギー転換をサポートし、再生可能エネルギーを日本で主流にするのに役立ちます。この新しい資産が日本の洋上風力発電所の開発を加速する態勢が整っていることを誇りに思います。」

日本には現在6つの洋上風力発電所が稼働しており、そのうち2つは大規模プロジェクト、84MWの能代港プロジェクトと54.6MWの秋田港プロジェクトである。 昨年末時点で、沿岸地域からアクセス可能な半洋上風力発電所を除き、同国には153.5MWの洋上風力発電設備が設置されていた。

日本政府は先月改正案を可決した 「海域利用促進対策」洋上風力発電の設置地域を排他的経済水域(EEZ)まで拡大し、既存の領海や内水から洋上に風力発電所を設置できるようにする。

READ  日本の首相はタイとの安全保障協定に合意しました