3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Believeが日本に進出し、日本のヒップホップに特化したレーベルを立ち上げる

Believeが日本に進出し、日本のヒップホップに特化したレーベルを立ち上げる

Believe は、世界第 2 位のレコード音楽市場である日本での存在感を拡大しています。

フランスに本社を置く音楽会社が、日本のヒップホップシーンに向けた新レーベルPLAYCODEを立ち上げた。

同社はまた、新レーベルのために¥ellow Bucks、Red Eye、Issei Uno Fifthを含む日本を拠点とするアーティストと提携すると発表した。

新レーベルのリリースは、ビリーブが2023年10月に国内で事業を開始してから3か月後に行われる。

Believeの日本における新レーベルは、タイ(bYOND)、イタリア(MAST)、フランス(Avant-Garde、AllPoints、Morning Glory)などの他の市場における同社の一連のヒップホップに焦点を当てたレーベルに続くものである。

Spotify では月間 45 万人以上のリスナー、YouTube では 66,700 人のフォロワーを抱える ¥ellow Bucks を、ビリーブは「日本で最も影響力のあるヒップホップ アーティストの 1 人」と評しています。 かしこまりました YouTube では 3,600 万回以上の再生回数、Spotify では 2,500 万人以上のリスナーを獲得しています。

2019 年に高校生ラップ選手権で優勝した後、Red Eye はすべてのソーシャル プラットフォームで 500,000 人を超えるフォロワーを獲得しました。 パケット このシリーズは 800 万回以上のストリームに達しています。

一方、宇野一生 Fifth のヒット曲「SLIDE」は TikTok で人気を集め、Spotify では 160 万回のストリーミングに達しました。

ビリーブは、2013 年にこの地域で事業を開始して以来、アジアを戦略の重要な部分に据えてきました。 最近、それを上回る報酬を支払ったと発表した。 7億ユーロ APAC (アジア太平洋) 地域の音楽業界の著作権料として。

これらの収益は「新しいアーティストの育成を奨励することで、持続可能な地元の音楽シーンの発展をさらに促進する」と代理店は述べた。

「日本のヒップホップは大きな変革を迎えており、ますます多くのアーティストが地元や海外の聴衆に届くようになっています」とビリーブ・ジャパンのアーティスト・サービス担当プレジデントの落合真理氏は述べた。

「日本のヒップホップは大きな変革を迎えており、ますます多くのアーティストが地元や海外の聴衆にリーチしています。」

落合真理、日本を信じろ

落合氏は「才能のレベルは傑出しており、成長の可能性は非常に大きい。 『PLAYCODE』のリリースが日本のヒップホップの歴史に新たな章を開くことになると確信しています。

「日本最高のヒップホップの才能と協力し、Believe の比類のないデジタル アーティスト育成の専門知識を日本のヒップホップの未来を形作るために役立てることを楽しみにしています。」

「Believe in Japanの立ち上げから数カ月後、日本における健全でプロフェッショナルで業界をリードするヒップホップエコシステムの成長をサポートすることを目的として、PLAYCODEをリリースできることを誇りに思います。」

シルヴァン・ドランジュ、信じてください

Believe APAC マネージング ディレクターの Sylvain Delange 氏は次のように付け加えました。「日本での Believe の立ち上げから数か月後、健康で専門的で業界をリードする股関節の発達をサポートすることを目的として、PLAYCODE を立ち上げることができて光栄です。 日本のホップ生態系。

「私たちと協力して、日本のヒップホップをメインストリームの評価にまで高めてくれる、¥ellow Bucks、Red Eye、Issei Uno Fifth よりも優れたアンバサダーが現れるとは夢にも思いませんでした。

「マリの比類のない専門知識、日本のヒップホップに対する根深い情熱、そして先見の明のあるリーダーシップと組み合わせることで、『PLAYCODE』が日本のヒップホップコミュニティ全体の標識となり、創造性、コラボレーション、イノベーションを促進すると信じています。」


ビリーブは10月、パリ・ユーロネクストで取引される同社の事業全体に関する2023年第3四半期の最新財務結果を発表した。 2億1,500万ユーロ (2億3,400万ドル) 成長を示す 年率9.1%

本質的ベース(同等の境界および一定の為替レート)で、Blive の収益は増加しました 年率7.5%

Believe は、世界的な事業を 2 つの部門に分類しています。

  • (i) DIY 販売代理店 チューンコア (と呼ばれる 「自動化されたソリューション」 その結論で); 同様に
  • (ii) 主要なプレミアム レーベルおよびアーティスト サービス業務のパフォーマンス (以下、 「プレミアムソリューション」)

同社の「プレミアム ソリューション」の収益が増加 年率10.1% – から 1億8,440万ユーロ 2022 年第 3 四半期 2億290万ユーロ 2023年第3四半期には(2億2,080万ドル)。

収益を信頼する アジア太平洋とアフリカ 成長した 年率6.6% すること 5,580万ユーロ(6,070万ドル) で表される 25.9% 会社の総収益のうち。

「インドと東南アジアだけが発展したと信じている」 [by a] 一桁」だが、「売上の伸びは中華圏で特に好調で、グループはプレミアム商品を展開することで日本での存在感を拡大している」としている。


Believeの他の場所では、同社は最近、インドに本拠を置くWhite Hill Musicから「Punjabi Powerhouse」カタログを取得した。

ビリーブによると、この契約はビリーブとインドの大手音楽・映画制作スタジオであるホワイトヒル・ミュージックとの長年にわたるパートナーシップの結果であるという。グローバル音楽事業

READ  キューウェル氏がセルティックを退任、日本代表監督に就任