5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

49ersの2022年3巡目指名選手、タイ・デイビス・プライスがイーグルスと契約 – NBCスポーツ・ベイエリアとカリフォルニア

49ersの2022年3巡目指名選手、タイ・デイビス・プライスがイーグルスと契約 – NBCスポーツ・ベイエリアとカリフォルニア

フォーティナイナーズは、連シーズンの3巡目指名権をランニングバックに投資してきた。

二人ともフィラデルフィア・イーグルスに移籍するまではクラブに何の影響も与えなかった。

2022年NFLドラフトの49ersの3巡目指名選手であるタイ・デイビス・プライスは、フィラデルフィア・イーグルスと契約を結んだ。 ソーシャルメディアで報告されました 火曜日。

49ersは2021年NFLドラフトの3巡目でランニングバックのトレイ・サーモンを指名した。 2022年のトレーニングキャンプ終了時に49ersが彼の婚約を破棄すると、イーグルスは彼に権利放棄を要求した。

2022年ドラフト全体93位指名のデイビス・プライスは、49ersでわずか7試合の出場にとどまったが、ルーキーシーズンの出場時間ではドラフト外のジョーダン・メイソンが彼を上回った。

その後、デイビス・プライスはクリスチャン・マカフリーのシーズン半ばのトレードでデプスチャートでさらに下落した。

デイビス・プライスのフォーティナイナーズでのキャリアは、120ヤードのラッシュを記録し、40回のラッシュアテンプトでタッチダウンなしであった。

49ersは12月5日にデイビス・プライスを解雇し、53人のロスターにベテランのディフェンスバック、ローガン・ライアンと契約するスペースを空けた。 デイビス・プライスがウェイバーをクリアすると、49ersは彼を練習チームに再契約し、シーズンの残りをそこで過ごした。

49ersは、2017年以来ドラフトで指名したランニングバックのほとんどからほとんど、あるいはまったく何も得ていない。2017年の4巡目指名のジョー・ウィリアムズは、レギュラーシーズンの試合に1試合も出場していない。

イライジャ・ミッチェルはランニングバックのトップ指名だ。 2021年6巡目指名のミッチェルは、ルーキーとしてチームの突進を牽引した。 彼はマキャフリーの強力なバックアップだったが、怪我のためにフィールドに留まるのに苦労した。

フォーティナイナーズでの彼の短いスティントは、9試合で167ヤードを獲得し、41回のラッシュアテンプトでタッチダウンを1回記録した。

彼は2022年にイーグルスでわずか2試合に出場し、昨シーズンにインディアナポリス・コルツにトレードされた。 昨シーズンはコルツで14試合に出場し、キャリー35回、160ヤードを記録した。

現在49ersのロスターにいるランニングバックはマキャフリー、ミッチェル、メイソンだけだ​​。

49ers トーク ポッドキャストをダウンロードしてフォローしてください

READ  サウンダーズがホームで1-0で勝利し、FCダラスを追い抜いた。