5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

独占—日本の宇宙スタートアップ、アストロスケールが6月の上場を目指していると情報筋が語る—2024年4月4日午後8時42分(東部夏時間)

独占—日本の宇宙スタートアップ、アストロスケールが6月の上場を目指していると情報筋が語る—2024年4月4日午後8時42分(東部夏時間)

[東京(ロイター)] – 宇宙ゴミ処理の新興企業アストロスケールは、6月初旬の東京上場を目指しており、この世のものとは思えない機会と地球を脅かすリスクのある分野に知名度の高いベンチャーキャピタルを参入させると関係者が語った。

情報が非公開であるため匿名を条件に、この件に詳しい関係者2人によると、創立11年の日本企業は3月に上場を決定する前にフィードバックを集めるために海外の機関投資家と面談したという。

関係者や第三者によると、主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券とみずほ証券。

元政府職員の岡田伸氏が設立したアストロスケールは、衝突の危険があると考えられている未使用の衛星や使用済みロケットなどの軌道上のゴミを処分する技術の開発において、日本、米国、英国の政府支援を受けている。

同社は昨年上場を検討したが、評価の不一致のため延期しており、投資家のフィードバック次第では再度上場を推進する可能性があると関係者の1人は述べた。

アストロスケールは、潜在的な評価のベンチマークとして宇宙に注目し、衛星の寿命を延ばす技術も開発しています。 この月探査機は昨年上場され、最近の株価下落を受けて約4億5000万ドルの価値がある。

アストロスケールは電子メールや電話によるコメント要請に応じなかった。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券とみずほ証券はコメントを控えた。

リスク許容度

政府は米国と協力し、中国と競争しながら、新興企業や三菱重工業などの業界大手を支援して航空宇宙分野を成長させている。

今後10年の初めまでに国内の航空宇宙産業の規模を2倍の8兆円(530億ドル)に拡大することを目指している。

アストロスケールは上場にあたって、iSpaceや、12月の新規株式公開以来株価が700%以上上昇した衛星画像会社Institute for Qi-Shu Pioneers of Space(IQPS)の足跡をたどることになる。

政府が宇宙関連分野への支援を続ける中、DZHフィナンシャル・リサーチのアナリスト、タナカ・カスミ氏は「宇宙関連スタートアップは成長しており、個人投資家の間で人気が出るだろう」と述べた。

しかし、事業予測を立てるのが難しいと感じる人もいるという。

関係者によると、日経平均株価が平均高値を維持するなど市場心理は前向きだが、機関投資家は航空宇宙セクターを批判的に見ているという。

先月、日本の打ち上げ会社スペースワンによるカイロスロケットの打ち上げは、その危険性を浮き彫りにした。

東京に本拠を置くiSpaceは、昨年4月にHakuto-Rの月面着陸ミッションに失敗した。 同社は先月、外国人投資家に新株を発行して84億円を調達したが、株式数を半減した後であった。

売り出しに参加した海外機関投資家は、景気の見通しが不透明なため、同株は長期保有ではないと述べた。

投資家はすでに株式を売却したという。

ある関係筋は「資金に依存し、市場のリスク・リターンを見ている機関投資家の観点からすると、このスペースは明らかにリスク許容度を超えている」と述べた。

アイススペースの株価は3月初旬から3分の1近く下落し、発行価格871円を下回って取引されている。

同社は声明で「日本や世界中の個人投資家や機関投資家がこの分野で示した信頼を非常に誇りに思う」と述べ、達成可能な目標を持った強力な事業計画があると付け加えた。

今年は2号機の月着陸船が打ち上げられる予定だ。 同社はNASAの資金提供によるムーンショットを2026年に打ち上げる予定だ。

(1ドル=150.9000円)

(取材:サム・ナッシー、浦中美穂、追加取材:小宮勘太郎、編集:クリストファー・クッシング)

サム・ナッセイ、浦中美穂

READ  グーグル、アップルの個人情報規制変更の影響