3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀は予想通り政策変更なしを発表

日銀は予想通り政策変更なしを発表

日本銀行の主な政策ルールは変わりません。

  • 短期金利目標 -0.1%
  • 10年債利回りは0%程度だが、最大1%まで柔軟に設定している(2023年10月、銀行は1%は単なる「参考」であると述べ、より柔軟にした)

今後の金融政策ガイダンスに変更は加えられない

コアインフレ期待に変化なし:

  • 2023 年度の平均コア CPI 予測は +3.8 対 10 月の見通しレポートでの予想 +3.8%

  • 2024 年度の平均コア CPI 予測は +1.9% (10 月の +1.9%)
  • 2025 年度の平均コア CPI 予測は +1.9% (10 月の +1.9%)

しかし、基本的な期待は切り詰められました。

  • 2023 年度の平均コア CPI 予測は +2.8% (10 月の +2.8%)
  • 2024 年度の平均コア CPI 予測は +2.4%、10 月は +2.8%
  • 2025 年度の平均コア CPI 予想は +1.8%、10 月は +1.7%

GDP予測:

  • 2023 会計年度は 1.8% (10 月の 2.0%)
  • 2024 年度は 1.2% (10 月の 1.0%)
  • 2025 会計年度 1.0% (10 月の 1.0% と比較)

日本銀行四季報:

  • 経済活動に対するリスクは概してバランスがとれている
  • 賃金と物価の好循環が強まるか注視する必要がある
  • QQEプログラムは必要な限りYCCとともに継続される
  • 必要に応じて、ためらうことなく追加の緩和措置を講じることができます
  • 日本銀行は、情勢の変化に機敏に対応しながら、辛抱強く金融緩和政策を継続していきます
  • 日本の金融システムは概ね安定を維持している
  • 不確実性は残るが、持続可能な2%インフレを達成する確率は徐々に上昇し続ける

  • 日本経済は引き続き緩やかな回復が見込まれる
  • 外国為替市場の金融動向と、それが日本経済や物価に与える影響に注意する必要があります。
  • インフレ期待は徐々に上昇している
  • サービス価格の緩やかな上昇も一部反映し、コア消費者インフレ率は2.5%を下回った
  • 消費は引き続き緩やかに増加
  • インフレは四季報の期末予想まで日銀目標に向けて緩やかに加速する可能性が高い
  • 日本の需給ギャップは改善傾向にあり、今後も徐々に拡大する可能性がある
  • 中長期的な予想インフレ率は徐々に上昇
  • 賃金上昇とインフレの好循環が強化される

さらに注目は、上田日銀総裁が0630GMT(日本時間午後0時30分)に開催する記者会見だ。

READ  アマゾンがルンバからアイロボットを17億ドルで買収