12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は10月に記録的な円買い介入を行った

日本のデータ

経済政治学会


日本政府は 10 月に、米ドルに対する自国通貨の下落を遅らせるための円買い介入に 6.3 兆円を費やしました。

財務省は10月31日、9月29日から10月27日までの政府による外国為替市場への介入額が6兆3400億円だったと発表した。 この金額は、政府が支出した 2 兆 8300 億円の 2.3 倍です。 9 月は、9 月と 10 月の総介入額を 9 兆 1800 億円にします。

急速な円安を食い止めるため、日本政府と日銀は 9 月 22 日に介入し、約 24 年ぶりに円を買ってドルを売った。 介入後、円はドルに対して一時的に上昇し、145 円台で取引された後、一時的に 140 円台に下落しました。 しかし、日米金利差の拡大が円安に働きかけ、円安が進んだ。

日本の通貨を 150 円未満に抑えるための戦いで、政府は 9 月 22 日に市場介入を公式に発表しましたが、その後の舞台裏で行われた介入を発表するまでには至りませんでした。 こうした努力にもかかわらず、円は 150 円の大台を突破し、1990 年 8 月以来の最低水準に達しました。

日銀の黒田東彦総裁は、「追加の金融緩和は必要に応じて躊躇なく行う」との姿勢を崩していない。 しかし、日銀が米国に倣ってインフレを抑えるために金利を引き上げることに消極的であることは、日本政府による為替市場へのさらなる介入の有効性を低下させる可能性があります。

過去の円買い・ドル売り介入

によって作成された 日本ドットコム 財務省のデータに基づく。

(日本語からの翻訳。バナー写真 © Pixta.)

お金
日本銀行
外国為替
通貨

READ  日本に供給されるカーボンニュートラル/オフセットLNG