7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の54歳の「キングカス」は、8つのクラブが彼に署名するために去っていると言います| サッカーニュース

エバーグリーンは日本のサッカー選手です 三浦晃義京都通信社は火曜日に、現在54歳で、ブーツを脱ぎたくないと述べ、8つの日本のクラブが来シーズンにサインした後だと語った。
故郷で「キングキャッシュ」として知られる三浦は、プレーする最年長のプレーヤーになりました 日本昨シーズン、横浜FCでプレーしたときは1部だったが、2位に降格した後、他の場所でチャンスを探している。
「クラブが地域社会の影響を受けてどのように成長し、どのように昇進したいのかについて多くのエントリーがあります。それは大変な作業(誰のためにプレーするかを決めること)になる可能性があります」と村は言ったと伝えられました。 言う。
「自分にとって何が一番大事なのかを整理し、自分の気持ちに基づいて正直に決断したい」と語った。
三浦は1986年にブラジルのサントスでキャリアをスタートさせた。当時日本にはプロリーグがなかったからだ。 ヴェルディ川崎、ジェノア、ダイナモザグレブ、 ホイッスルゴピ
昨年9月、三浦氏は、関心が薄れることはなく、年齢に関連する新記録を樹立することに関心がないと述べた。
「1986年にブラジルでプロ選手になって以来、サッカーへの情熱とサッカーへの意欲は変わっていません。興味は変わっていません」と彼は語った。

READ  アメリカの関心がないため、秋山翔子が帰国