5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の驚異的なインフレは経済正常化を意味しない

日本の驚異的なインフレは経済正常化を意味しない

による ジョセフ・モス国際銀行家

おお3月17日、日本の中央銀行である日本銀行(日銀)は17年ぶりに主要短期金利を引き上げた。 -0.1%から0~0.1%まで上昇し、日銀は8年間続いたマイナス金利政策(世界の主要国で最後に実施した政策)と物議を醸したイールドカーブ・コントロール政策を終了した。 長期国債利回りの上限を1%に設定した。 こうした動きにより、30年以上にわたる経済停滞を経て、日本経済に近いうちに「正常」の感覚が戻るのではないかとの期待が高まっている。 しかし、現在30年ぶりの安値にある円を下支えするために介入が必要との憶測が高まり、日本政府は依然として公的債務と格闘しているため、デフォルトは当分実現しにくい状況が続く可能性がある。

1989 年の悪名高い巨額資産バブルの崩壊は、日本の「失われた 10 年」経済停滞の舞台となり、その間、成長、インフレ、賃金はほぼ永久に抑制されました。 これにより、日本は人口減少と高齢化が進む他の先進国とは一線を画しており、中国はコスト効率の高い製造業において近隣諸国よりも強力な経済大国として浮上している。 ますますデフレ環境が悪化したため、日銀は成長を刺激するために2016年にマイナス金利を導入した。

しかし、そのマイナス金利政策は日銀の委員9名による7対​​2の投票で終了した。 新型コロナウイルス感染症のパンデミック後の世界的なインフレの上昇と強い消費需要が名目賃金の上昇につながり、日本でもインフレが戻りました。 日本の大手企業の一部が3月中旬に従業員に大幅な賃上げを実施した後(労働組合総連合によると、平均基本賃金率は1年前の2.3%から3.7%に上昇)、日銀はついに行動を起こした。

日本のシンクタンク、ソンボインスティテュートプラスのマネージングエコノミスト、亀田誠作氏は、「この根本的な政策転換の主な推進力は、明らかに政策会合の数日前に明らかになった春季賃金交渉の好調な結果だ」と語る。 と3月26日に世界経済フォーラム(WEF)で講演した。 「この賃金上昇率は現在のインフレ率を上回っており、今年2月の日本のCPIは前年比2.8%上昇した。 日銀は、こうした賃金実績や地方支店のネットワークを通じて得られた関連情報を踏まえ、賃金と物価の好循環が2%の物価安定目標の達成に不可欠な条件であることを確認した。

これは日銀の上田和夫総裁も認め、利上げ後にインフレが日銀の目標で安定する可能性は「一定の限界に達した」と指摘した。 2年間にわたる緩やかなインフレの後、「賃金上昇と物価の間の好循環が現れ始め、日銀は利上げを開始した」と、東京大学大学院経済学研究科の経済学教授でインフレの専門家である渡辺晋氏は次のように述べている。と最近言いました。 フィナンシャル・タイムズ。 「まだ完璧ではありませんが、日本は徐々に正常な方向に進みつつあります。」

しかし、たとえ日本が正しい方向に進んでいると正しく感じていたとしても、政策立案者たちはその正常な状態を達成する前に克服すべき厳しい領域をまだ残している。 実際、経済成長が鈍化する中、上田総裁は「当面は緩和的な財政状況が維持されると期待している」と述べ、より過激な利上げへの期待に警鐘を鳴らした。 3月11日に発表された昨年最終四半期の年間国内総生産(GDP)成長率はわずか0.4%で、2月中旬に発表された暫定値から0.4%縮小したことから、当局がなぜそれを把握できなかったのかは明らかだ。 。 自分たちの前に。

まず、政府が抱える巨額の公的債務がGDPの260%近くに達し(先進国の中では非常に少ない)、当面の利上げを妨げている。 政府は12月、当時設定していた当初の1.1%ではなく、より高い1.9%という高い金利予想を前提として、2024~25年度予算の借入コストを計算した。 これらの試算によると、予定金利の引き上げにより、2024~25年度の公債費は7%増の27兆円となる。 鈴木俊一財務相は予算編成後に「金利ありきの生活に戻る中、金利上昇が続けば財政運営に影響を及ぼし、政策支出が削減される可能性がある」と述べた。

日本の岸田文雄首相は、日銀が拡張的な金融政策を継続することに断固としており、賃金上昇を継続し、経済がデフレ環境から完全に脱却できるよう政府が日銀と緊密に連携すると約束した。 「日本はデフレから完全に脱却する歴史的な機会を享受している。日本がデフレから完全に脱却したと政府が発表できるのではないかと考える人もいるかもしれない。しかし、我々はまだ道半ばだ」と岸田氏は3月28日の記者会見で述べ、政権の主要な政策はこう付け加えた。同氏は、企業と家計をデフレから脱却させることが課題であり、「来年から賃金がインフレを上回るペースで上昇することを保証する」と付け加えた。

しかし、円安の継続は明確な議論を反映している 当面は日本経済は正常に戻るだろう。 通貨安の影響で日本の輸出業者は外国人買い手に商品やサービスを魅力的な価格で提供することができ、4月中旬には対ドルで過去最低の153円まで下落した。 その点、最近では日本の観光客数も増加しており、月間観光客数は200万人を超えています。

しかし、国内消費者にも影響を及ぼしており、特に賃金が通貨安のペースに追いついていないことから、輸入価格の上昇により引き続き苦境に陥り、最終的には可処分所得の減少につながっている。 実際、2月に日本の家計で記録された支出の減少は、12か月連続の年間マイナス幅を記録した。 東京が今夏にガスと電気の補助金を打ち切るとの最近の報道により、今後数カ月で生活費が上昇する見通しだ。

最近の円安は米国で予想されていた利下げの遅れが原因だった。 インフレ率が米連邦準備制度理事会(FRB)の目標インフレ率である2%を依然として上回っているため(コア年間インフレ率は2月の3.2%から3月には3.5%に上昇)、利下げが期限までに実施されるかどうかについては疑念が高まり続けている。 第2四半期。 そのため、日本と米国、および日本といくつかの主要市場との間のかなりの金利差が、ペッグ通貨に相当な下落圧力をかけ続けており、現在当局が介入するかどうか検討しているところだ。 鈴木氏によると、政府は「危機感を持って市場の動向を注視」しており、財務大臣は「あらゆる選択肢を排除することなく過剰に対して大胆な措置を講じる」と約束している。

神田正人財務事務次官は4月11日、「為替介入の有無にかかわらず、われわれ当局者はあらゆる状況にいつでも対応できる体制を整えている」と述べた。 一方、オックスフォード・エコノミクスの日本の上級エコノミスト、山口典弘氏は次のように述べた。 このような介入はますます可能になっています。 山口氏は「政府は中銀による今後の利下げで市場がどうなるかを見極めた上で、機会を捉えて介入するつもりだ」と述べた。 ジャパンタイムズ 4月11日。

円安は日銀にさらなる利上げを迫る可能性があるだろうか? ユタ総裁によると、FRBは「為替レートの変動に直接反応して金融政策を変更することはない」という。 それにもかかわらず、上田氏は、インフレ率が上昇し続ければ、追加利上げが検討の対象となる可能性があると示唆した。

中銀は国債買い入れを現在のペースで月額約6兆円で据え置き続けるほか、長期金利が急速に上昇し始めた場合には国債買い入れを拡大する「迅速な対応」を行うことを確認した。 しかし、1年以内に完全停止する前に上場投資信託(ETF)と日本の不動産投資信託(REIT)の取得を完了することで資産購入を縮小し、コマーシャルペーパーと社債の購入も縮小する予定だ。 「将来については、臨時清算の完了に伴い、ある時点でバランスシートを縮小する予定ですが、それがいつになるかは現時点では言えません」と上田氏は認めた。

READ  日本:奈良の唐招提寺金堂がカナダ人の若者によって破壊される