9月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の山口がバドミントン女子世界チャンピオンのタイトルを保持

公開日: かわった:

東京 (AFP) – 日本の山口茜が中国の陳玉飛を 21-12 10-21 21-14 で下し、日曜日に東京でホームの観衆の前でバドミントン女子の世界タイトルを保持した。

昨年、スペインのウエルバで初の世界タイトルを獲得した世界ランク 1 位の山口は、オリンピック チャンピオンのチェンからの挑戦を見送るために深く掘り下げる必要がありました。

チェンは、2011年以来、女子シングルスの世界タイトルを獲得する最初のバドミントン強国中国の選手になることを目指しています.

中国は合計 15 の女子シングルス世界タイトルを獲得しており、これは他のどの国の 5 倍にもなっていますが、第 4 シードのチェンは 2014 年以来初めての女子世界選手権の決勝進出者です。

25 歳の山口選手は、今週東京で行われる決勝に 1 試合も落とさずに進出しました。

彼は最初のゲームで着実にシュナンのネジを回しました。

山口がネットにリターンを入れたとき、チェンは第2ゲームで轟音を立ててゲームを引き分けました。

山口は第3ゲームで序盤に大きなリードを奪って首位に立ち、それに固執し、チェンがネットでリターンを打ったときに試合を終了しました。

この勝利により、山口は3月の全英オープンでトロフィーを獲得した後、今年2度目のタイトルを獲得しました。

今年の世界女子シングルス トーナメントは怪我に見舞われ、2019 年の優勝者であるインドの PV シンドゥと 2017 年の優勝者である日本の奥原希望はどちらもトーナメントの前に棄権しました。

昨日の男子決勝では、デンマークのヴィクトル・アクセルセンがタイのクンラウト・ヴィトチャーンを21-5 21-16で破り、2度目の世界タイトルを獲得した。

READ  連邦政府の効果がリスク感を高めるにつれて、アジアの株式は債券利回りとともに上昇する