7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本と韓国でデータセンター需要が高まる:MTT TV

日本と韓国でデータセンター需要が高まる:MTT TV

木曜日のMingtiandiイベントで講演した同社代表者らは、不動産大手のESR、Capitaland Investments、Nuveen、JLLは、日本と韓国でのAI導入の増加に伴い、データセンターの需要が日本と韓国で増加すると予想していると述べた。

同社データセンター部門のCEO、ディルミッド・マッシー氏によると、昨年のChatGPTの導入によってラックスペースの需要が高まったため、業界専門会社ESRは日本と韓国の両国でさらに多くのデータセンターを建設する取り組みを強化しているという。

「アジア太平洋地域の業界全体でクラウドとデジタル変革に向けた進化が続いているため、AI ブームは今後も続くと考えており、需要が減速することはないと考えています」とマッシー氏は述べた。 「前四半期には米国で前例のない盛り上がりが見られましたが、アジア太平洋地域、特に北アジアでもその盛り上がりが見られ始めています。」

ヤーディ主催の同じフォーラムで、キャピタランド・インベストメンツのプライベート・エクイティ・オルタナティブ資産および実物資産担当CEOのパトリック・ブーコック氏は、このセクターの成長はすでに5G導入、クラウド・コンピューティング、デジタル化などのマクロ的な追い風によって支えられていると語った。 より強力な AI モデルの出現は、データセンターの大容量化により「ゲームチェンジャー」となりました。

技術的な刺激が必要

AI主導のブームを捉えて、ブーコック氏は、グローバルまたは地域のプラットフォームを確立することが、世界的に拠点を拡大しようとしているハイパースケールの顧客を引き付けるための鍵であると述べた。

「テクノロジーは急速に変化しており、それらのテクノロジーは米国、APAC、またはヨーロッパから出てくる可能性があります。そのため、グローバルなベストプラクティスを確立し、主要市場で実際に活動することが非常に重要です…そのグローバルな接続性を持ち、完全に統合されたチームを組織することです」私たちの観点からすると、グラウンドは非常に役立ちます」と彼は言いました。

Nuveen はアジア太平洋を世界的なデータセンター投資戦略の焦点に据えており、昨年香港に施設を取得した後、日本と韓国での拡大にも熱心に取り組んでいます。

米国の投資会社でオルタナティブおよび戦略的取引のシニアディレクターを務めるジン・チョウ氏はパネルディスカッションに対し、アジア太平洋地域の既存のデータセンター資産が比較的少ないことを考慮すると、同社の戦略は成長プロジェクトを探す際に業界と協力することであると語った。 。 同時に、地域全体の潜在的な付加価値と日和見的な取り組みを監視します。

「資本提供者として、私たちが検討している道は、まず、非常に明確な持続可能性の道筋を持ち、協力できる実績のあるデータセンター運営者を選択することです。そしてもちろん、私たちはオンサイトで再生可能エネルギーを増やす努力を続けます」 . 可能であればエネルギーを生成してください」とジョーは言いました。

10 年間のデータセンター経験により、投資活動の量、十分な流動性と強力な政策サポート、比較的高いレベルの透明性を考慮すると、日本と韓国が最適なターゲット市場であることがわかりました。

日本は2022年に新たなデータセンタープロジェクトに42億ドルを投資し、アジア太平洋諸国でトップとなったが、韓国は昨年の成長に向けて19億ドルを投資しインドと並んで2位となった。

JLLの資本市場グループのデータセンタープラクティスグループのマネジングディレクターであるボブ・タン氏はパネルディスカッションの中で、両国の政府と公益事業者がデータセンター向けの再生可能エネルギーを含むエネルギー確保の課題に積極的に取り組んでいると述べた。

「日本と韓国は驚くべきことに、(電源構成に占める)約20パーセントの再生可能エネルギーを持っていると思います。再生可能エネルギーの生成をサポートできる能力は、今後のデータセンターの方程式にとって非常に役立つでしょう」とタン氏は述べた。 。

グリーンインフラ戦略

Mingtiandi のデータセンター フォーラムは 9 月 20 日水曜日の午前 10 時から開催され、固定データセンターのスペシャリストである Empyrion DC の CEO である Mark Fang と、シンガポールの Seraya Partners のマネージング パートナー兼最高投資責任者である James Chern が登場します。 デジタル インフラストラクチャのスタートアップを設立したプライベート エクイティ会社。

そのスポットライト セッションで、MTD TV はフォン氏とチャーン氏と、地域的に拡大しながら電力を大量に消費するデータセンター業界で持続可能性を達成する方法を探るという Empyrion の使命について話し合います。

Mingtiandi の APAC データセンター フォーラムは 9 月 20 日のセッションで終了します。MTD TV は 10 月 19 日木曜日から、CPPIB、フェニックス プロパティ インベスターズ、JLL、ラサール インベストメント マネジメント、ヤーディの講演者をフィーチャーしたオフィス戦略フォーラムを開催します。

READ  Kovit-19は制御が簡単なため、日本食レストランやバーは酒飲みを歓迎します