5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本とオーストラリアのジュニア走行で1:58.81でオールタイムリストが書き換えられた

日本とオーストラリアのジュニア走行で1:58.81でオールタイムリストが書き換えられた

ビッグネームがつまずく東京での最速タイムと、オーストラリアのジュニア800メートルでの最速タイム。

東京マラソン、日本、3 月 3 日

ベンソン・ジブルートが2時間2分16秒で優勝し、エリウド・キプチョゲは10位にとどまった。 これはコースレコードであり、世界をリードする日本のオールカマー記録であり、キプルトは世界歴代5位に浮上した。

ベンソン・ジブルート(ゲッティ)

女子レースではスツメ・アセファ選手が2時間15分55秒で優勝し、日本のオールカマー記録となり、世界トップおよび世界歴代記録の8位に入った。

米国オリンピックマラソン代表選考で敗退したベッツィ・サイナは自己ベスト2時間19分17秒で5位、シファン・ハッサンは2時間18分05秒で4位でキャリア初の敗戦を喫した。

レポート全文はここをクリックしてください

男性: 3月: 1 ベンソン・ジブルート KEN 2:02:16; 2 ティモシー・キプラカット KEN 2:02:55; 3 ヴィンセント・キプケモイ KEN 2:04:18; 4 ハイレマリウム グロース ETH 2:05:43; 5 ツェガエ ゲタチュー ETH 2:06:25; 6 ベスウェル スンバ ケン 2:06:26; 7 ヒムロ・アラメ ISR 2:06:27; 8 サイモン・カリウキ KEN 2:06:29; 9 西山祐介 2:06:31; 10 エリウド・キプチョゲ ケン 2:06:50; 11 ケンヤ ソノタ 2:06:54; 12 細谷京平 2:06:55; 13 横田俊吾 2:07:25; 14 木村心 2:07:34; 15 ビクター・キプランガット UGA 2:07:44; 16 ペダンカラオケKEN 2:07:59; 17 浦野雄平 2:08:21; 18 山本健二 2:08:33; 19 バーナード・キメリ ケン 2:08:34; 20 坂田利樹 2:09:15; 21 田村祐介 2:09:21; 22 市田隆 2:10:12; 23 西山和也 2:10:29; 24 市田洋 2:10:30; 25 熊橋宏正 2:10:38; 26 柏裕子 2:10:44; 27 菊地俊​​哉 2:10:50。 28 鈴木健吾 2:11:19; 29 高田幸義 2:11:38; 30 マイケル・ギテ KEN 2:12:03; 31 松本涼 2:12:06; 32 秀峰大ログノ 2:12:09; 33 ダニエル・キトニ ケン 2:12:22; 34 大倉祐介 2:12:48; 35 古賀清 2:13:35; 36 服部勇馬 2:14:03; 37 ジョー福田 2:14:44; 38 作田正樹 2:15:00; 39 柱欣也 2:15:38; 40 渋川裕二 2:15:40; 41 大橋修二 2:15:47; 42 林啓介 2:15:48; 43 チェン・ガンユー CHN 2:15:54; 44 親崎達郎 2:15:59; 81 グレゴール・イェーツ GBR 2:21:20; 183 ジェームス・リッグス 英国 2:31:01

女性: 火曜日: 1 スツメ アセファ ETH 2:15:55; 2 ローズマリー・ワンジル KEN 2:16:14; 3 アマネ・ベリソ ETH 2:16:58; 4 シファン・ハッサン NED 2:18:05; 5 ベッツィ・サイナ USA 2:19:17; 6 ヒトミニア 2:21:50; 7 メセレト アベバヤハウ ETH 2:23:08; 8 キシクサイガオン カルダブラク MGL 2:26:32 NR; 9 ティギスト・アバイチュー ETH 2:28:53; 10 森田あゆみ 2:31:38; 11 マグダレナ・ショーリー TAN 2:32:58; 12 西原香澄 2:35:01; 13 堀美里 2:35:09; 14 西沢果歩 2:36:11; 15 兼重志保 2:37:27; 16 テニール・エリス オーストラリア 2:39:40; 17 大渕芽亜里 2:39:48; 18 松村幸恵 2:40:42; 19 高野春菜 2:41:08; 20 鈴木絵理 2:41:42; 45 ケイティ・ウッドワード GBR 2:47:07; 68 レベッカ・ジェントリー GBR 2:52:29; 71 ヴィッキー・ライト GBR 2:52:37; 86 ローレン・クーパー 英国 2:55:38
W55: マクドナルドに対する訴訟 GPR 3:08:36

パリハーフマラソン; フランス、3 月 3 日

READ  東京2020オリンピックで日本の広告代理店が汚職で告発された

女子レースではジョアン・セリモがケニアのベロニカ・ロリオ(67:45)をルーマニア記録の66:57で破った。

ケニアのベルナルド・コッホが60分45秒を記録し、フランスのメディ・フレイレの61分15秒を上回った。

男性:HM: 1 バーナード・コッホ KEN 1:00:45; 2 メディ・フレール 1:01:15; 3 ジョルム・オコンボ KEN 1:02:02; 4 エマヌエル・ルドルフ 1:02:11; 5 ドノバン・クリスチャン 1:02:28; 6 ビクター・ジブルート・トーコム・ケン 1:04:05; 7 フロリアン・カルヴァーリョ 1:04:53; 8 タンギ・ベングリッドリー 1:04:58; 9 フロリアン・ジラール 1:05:10; 10 ジュール・ロビン 1:05:15

女性: HM: 1 ジョアン・セリモ ROU 1:06:58 NR; 2 ベロニカ・ロリオ KEN 1:07:45; 3 ネスフィンのジェプレット KEN 1:09:11; 4 ファドゥワ・レヘム 1:09:59; 5 マノン・トラップ 1:10:56

キャット リバー ラン 15km、USATF チャンピオンシップ、 米国フロリダ州ジャクソンビル、3 月 2 日

男子ではレイチェル・スミスがキーラ・ダマト(48分30秒)とエミリー・ダーキン(48分44秒)から48分26秒で優勝し、デソム・メコネンがヒラリー・ブル(42分54秒)とディエゴ・エストラーダから42分50秒で優勝した。 (43:24)。

男子: 15km: 1テショメ・メコネン 42:51; 2 ヒラリー・バトル 42:54; 3 ディエゴ・エストラーダ 43:24; 4 アパビア・シンファサ 43:29; 5 ダニエル・メスファン 44:26; 6 ジェイコブ・トンプソン 44:45; 7 シャドラク・キプシルジル 44:49; 8 サムエル・セラ 44:57。 9 ロバート・ミランダ 45:12; 10 アンドリュー・ボーマン 45:35

女子: 15km: 1 レイチェル・スミス 48:26; 2 キーラ・ダマト 48:30; 3 エミリー・ダーキン 48:44; 4 アン・フリスビー 49:28

スペイン10,000メートル選手権、スペイン、カヴァ、3月2日

男性: 10,000: 1 エリアス FIFA 27:53.26; 2 エドゥアルド・メナチョ 28:07.37; 3 フェルナンド・カロ 28:20.04

女性: 10,000: 1 カロライナ・ロブレス 32:14.43; 2 イザベル・バレイロ 32:22.68; 3 ベアトリス・アルバレス 32:25.78

キャンベラ、オーストラリア、3 月 1~2 日

クラウディア・ホリングスワースは、オリンピック予選のパフォーマンスを達成し、3年連続のオーストラリア記録およびU-20記録である1分58秒81を達成して進歩を続けました。

18歳の彼は、2021年に15歳のときに樹立した2分01秒60の自己ベストでシーズンをスタートした。

男性: 100 (1.6): 1 デューチュンハイ HKG 10.40
400: 1 ルーク・ヴァン・レディンゲン 45.57; 2 アレックス・ベック 45.60; 3 ニコラス・ドナルドソン 45.76; 4 リースホルダー 45.97
800: 1 ペイトン・クレイグ 1:45.91; 2 ルーク・ボイス 1:46.15
1500: 1 コナー・ホワイトリー 3:40.09
3000SC: 1 エドワード・トリパス 8:32.19
110H (-0.7): 1) サーシャ・ゾヤ FRA 13.50

女性: 100 (0.5): 1) トリ・ルイス 11.31
400: 1) エリービール 52.14
800: 1) クラウディア・ホリングスワース 1:58.81 AU20R; 2 ベンデレ・オボヤ 1:59.01; 3 サラ・ビリングス 2:00.55; 4 ジョージア・グリフィス 2:00.89
100H(-0.2): 粘土1リス 13.09
400H: 1 サラ・カーリー 55.37; 2 マーリー・ウィルキンソン 56.53
TJ: 1 ケイラ・キューバ 13.78
HT: 1 ヴァネッサ・スターケンドリーズ BEL 68.41

中国競歩グランプリ、中国、大港、3月3日

20km競歩ではジャン・ジュン選手が1時間17分26秒の自己ベストで優勝し、オリンピックチャンピオンのマッシモ・スターノ選手にイタリア記録を譲った。

ブラジルのカヨ・ボンフィムが1時間17分44秒のブラジル新記録で3位となった。

女子20kmでは母国の選手が優勢で、馬玄霞選手が楊佳宇選手(1時間26分07秒)とオリンピックと世界選手権の複数のチャンピオンである劉宏選手(1時間26分47秒)を抑えて1時間26分07秒で優勝した。

男子: 20 km ワット: 1 張潤 1:17:26。 2 マッシモ・スタノ ITA 1:17:26 NR; 3 カイオ・ボンフィム BRA 1:17:44 NR; 4 李延東 1:17:47; 5 王昭昭 1:17:48; 6 チー・リーホン 1:18:03; 7 陸寧 1:18:08。 8 趙香飛 1:18:15; 9 リディアン・カウリー AUS 1:18:33; 10 文永潔 1:18:47; 11 銭海峰 1:18:51; 12 王秦 1:18:52; 13 李景福 1:18:55; 14 カイル・スワン オーストラリア 1:18:59; 15 張家胥 1:19:15; 16 陳天凱 1:19:55; 17 ピアン・ドンタ 1:19:58; 18 デクラン・ティンゲイ オーストラリア 1:20:00; 19 スー・ホー 1:20:09; 20 牛文潮 1:20:11; 21 羅超 1:20:14; 22 張恒 1:20:19; 23 周英城 1:20:23; 24 リー・ケヴァン 1:20:26; 25 ウィル・トンプソン AUS 1:20:34; 26 王開華 1:20:40; 27 マリウス・ギウカス LTU 1:20:51; 28 王一峰 1:20:54; 29 ティム・フレイザー オーストラリア 1:21:01; 30 張宏良 1:21:14; 31 クタオ 1:21:27; 32 ディン・ツァン 1:21:28; 33 リー・リン 1:21:39; 34 チェン・ホン 1:22:10; 35 高英超 1:22:31; 36 史秀坤 1:22:40; 37 李峰 1:22:46; 38 カール・ギボンズ オーストラリア 1:23:20; 39 劉昆龍 1:23:40; 40 張成源 1:23:41

READ  オリンピック-北京オリンピックでは、抱擁は推奨されませんが、コンドームは利用可能です

U20 10kmW: 1 リー・センチ 39:26; 2史生記 39:35; 3 羅嘉偉 39:42; 歴代第4 39:44。 5 王佳琦 39:58; 6 王江英 40:01; 7 楊岳 40:13; 8 武書 40:19; 9 宋昭 40:21。 10 ウェン・ミンチー 40:28

女子: 20 km ワット: 1 マ・ゲンツィア 1:26:07; 2 楊嘉宇 1:26:07; 3 劉宏 1:26:47; 4 Qieyang Shenjie 1:27:05; 5 G ハイイング 1:27:19; 6 彭李 1:27:26; ラマイ 1:27:36 の 7。 8 Shi Yuxia 1:27:44; 9 Qiji Zhuoma 1:28:30; 10 マリ 1:28:43; 11 クレメンス ベレッタ FRA 1:28:44 NR; 12 楊柳京 1:29:20; 13 インホン 1:29:25; 14 牛卓明基 1:29:35; 15 李延紅 1:29:44; 16 郭那 1:29:46; 17 プリヤンカー・ゴスワミ IND 1:29:48; 18 レベッカ・ヘンダーソン オーストラリア 1:29:54; 19 陳夢源 1:29:59; 20 王娜 1:30:49

» AWマガジンを購読する ここ

» より最近の結果については、 ここをクリック

登録する AWニュースレターについて