5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

好調:新幹線のフードカートは日本の最新の必需品 | 日本

好調:新幹線のフードカートは日本の最新の必需品 | 日本

これらはシンプルで実用的な物体で、何十年にもわたって新幹線の通路をシームレスに転がり、時速約 300 キロ (186 マイル) の速度で通過する何百万ものお腹を空かせた乗客に軽食を運んでいます。

しかし今では日本の質素な飲食用ワゴン 新幹線 ルートは全国の食堂や家庭のキッチンの必需品となっています。

この車両は最大50kgの飲食物を積載可能で、JR東海が人気の東京-大阪間での飲食物の販売を中止したことを受けて1月に発売された。 新幹線 沿線ではスタッフ不足と需要不足のため、乗客は駅から乗車する前に500キロの旅に備えて軽食を購入する。

同社はこれらのアイテムを廃棄する予定だったが、日本の鉄道の歴史の一部を残したい鉄道ファンらの説得を受け、1台あたり10万円(528ポンド)で売りに出すことにした。

同社は、利用可能な50台の車両のうち1台を確保するためのオンライン入札が今月初めに終了したとき、合計2,432台の車両に対し1,942件の入札があったと発表した。

入札者はそれぞれ最大2入札までに制限されており、学校食堂や個人も含まれるという。

乗客が代わりに駅の売店で食べ物を買うことを好んだため、新幹線のフードカートの需要は減少しました。 写真:アフロ/REX/シャッターストック

今年開業60周年を迎える高さ110センチ、幅33センチの新幹線は、1964年の東京オリンピックに向けて開業直後から高速鉄道旅行の定番となった。

朝日新聞によると、前輪は車両間の段差を乗り越える操縦が可能で、ケータリングスタッフがステアリングレバーから手を離すと自動的にロックする後輪ブレーキを備えているという。

カートにはソフトドリンクや酒、弁当、チョコレート、スナックなど60品目以上が積まれていた。 しかし、トレイルを歩く多くの旅行者は、自分の「最も硬い」アイスクリーム(長旅でもゆっくり食べられるようにドライアイスで冷蔵したもの)を覚えているだろうし、密封したホットコーヒーの上に乗せて柔らかくする人もいるだろう。

新幹線のコーヒーやアイスクリームが好きな人は、ホームに設置された自動販売機で商品を購入できるようになりました。

READ  グリーソンはオーストラリアAの日本での勝利の厳しい天候を生み出しました