5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

同氏が就任して以来、インフレ率は約20%上昇した

同氏が就任して以来、インフレ率は約20%上昇した

インフレ率は4月にわずかに鈍化したが、今週明らかになった物価上昇の鈍化さえも合計すると、おそらくバイデンにとって2024年の選挙戦シーズンで最も困難な経済的課題の合計となる。

季節調整済み消費者物価指数で測定した物価は、バイデン大統領就任以来3年間で19.4%以上上昇した。

共和党はここ数カ月間、累積インフレ率が焦点となっており、水曜日もその傾向は続き、統計が心理的に重要な20%の水準に近づきつつあることが新たなデータで示された。

トランプ陣営は水曜日に基準値を超えるまで待たず、陣営報道官の声明で「全体の価格は20%上昇している」とキッパリ述べた。

トランプ自身もいつものように、その数字を認識できないほど誇張した。 で ビデオ応答 同氏は、インフレ報告書の証拠は示さなかったが、インフレは「持っている1ドルの30~50%を奪う」と付け加えた。

バイデン大統領自身が最新の報道に反応 声明付き 同氏は接続性を経済上の最優先事項と呼び、「進歩はあったものの、やるべきことはまだたくさんある」と認識している。

比較のために言うと、ドナルド・トランプ大統領の4年間に物価は7.8%弱上昇した。

経済学者は、2 つの時代のインフレの違いは、大統領執務室の占有者をはるかに超えたさまざまな要因によるものであるとよく指摘します。

例えば、トランプ政権では、大統領任期末期にコロナウイルスによって引き起こされた混乱により、ガソリン価格が劇的に下落した。 バイデン政権下ではサプライチェーンの問題が他の地域の価格を押し上げている。

しかし、いずれにせよ、トランプ大統領とその同盟国から今後6か月間で累積インフレ率についてさらに多くの情報が得られると予想される。

Pangea Policy の創設者である Terry Hynes 氏は、水曜日の Yahoo Finance Live 出演中に、これらの価格高騰とそれに伴う「ここでの経済的物語はよく捉えられている」と付け加えた。

「このことは、大統領が選挙に出るべき多くの州で大統領にとって大きな痛手であり、大統領の選挙運動に影を落とす力関係だ」と付け加えた。

トランプ氏の支持勢力の多くは、バイデン氏の任期中の増加をより高い水準で測定している。

Make America Great Again Inc. トランプ前大統領を支持する主要な政治活動委員会で、水曜日のニュースに対し、バイデン氏の就任以来、全体の物価が19.9%上昇していると述べた。

19.4%と19.9%の数字の差は、共和党支持グループが季節調整されていないデータをどのように使用したかに基づいており、若干高い差を示しています。

同グループはまた、水曜日のリリースでは、ガソリンから卵、航空券に至るまで、過去40カ月で最も値上がりしたさまざまな商品をリストアップした。

この19.9%という数字はおそらく予想通り、水曜日一日中共和党員によって頻繁に繰り返されたものだろう。

「#バイデンインフレはアメリカ人全員に対する税金だ」 出版する エリーゼ・ステファニク下院共和党会議議長。

「これがバイデン経済学だ!」 彼が追加した 共和党全国委員会のアカウント。

インフレ問題に対するバイデン氏の反抗的な態度はここ数カ月にわたって明らかであり、大統領とその同盟者らはこの問題について一貫したメッセージを打ち出すのにしばしば苦労している。

もう一つの例は、今週Yahoo Financeとの独占インタビューで明らかになった。 その会話中、バイデン氏は米国の経済情勢の悪化について質問された。

返答の中で、同氏は物価について議論し、インフレ率は「私が来たときは9%だったが、現在は約3%下がっている」と虚偽の主張を繰り返した。 バイデン 彼は以前にもCNNで同様の主張をしていた

実際、同氏が就任した当時の年間インフレ率は1.4%だった。 その後、バイデン氏の就任後に価格は上昇し、9.1%に達したが、そのピークはバイデン氏が1年以上大統領に就任した後の2022年6月に来た。

バイデン氏の最新のコメントを受けて水曜日に発表された最新データでは、現在の前年比インフレ率が3.4%に固定され、3月の3.5%からわずかに低下した。

バイデン氏はまた、火曜日の会話の中でヤフー・ファイナンス編集長ブライアン・スオッツィに対し、国内の不安の一部は「人々が不安を抱えているからだと思う。だからこそ我々は一貫性を持って方針を堅持し、素晴らしい雇用を生み出し続けなければならない」と語った。 」

同氏は、政権がこの問題に対処できると確信しているが、「さらに時間がかかる」と述べた。

有権者がその時期にバイデンを支持するかどうかはまだ分からないが、インフレが有権者の最大の経済的懸念であることが世論調査に次ぐ調査で示されているにもかかわらず、このコメントはバイデンが雇用を重視する傾向の継続を表している。

この傾向は民主党の同盟国が実施した世論調査でも現れている。 ある Blueprint 2024 による先月の調査 民主党支持のグループによると、回答者の91%がインフレを「深刻な問題」と述べていることが判明した。

これらの回答者のうち、37% がインフレを「最も重要な問題」の 1 つであると述べました。 雇用と経済について同じ回答をした人はわずか 25% でした。

Ben Werchkul は Yahoo Finance のワシントン特派員です。

ビジネスやマネー関連の政治ニュースはこちら

Yahoo Finance から最新の金融およびビジネス ニュースを読む

READ  SECは最新のビットコインETF申請への対応に慌てる:出典