2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

円安が続きそうな理由

10 月 20 日、通貨トレーダーは 1990 年 6 月以来起こっていないこと、つまり日本円が米ドルに切り替わったことを目の当たりにしました。 為替レート エクリプス 150対1。

円はこの 1 年間で衝撃的な下落を見せました。 2021 年 1 月の時点で、この比率は過去 30 年間の平均為替レートである 103 対 1 でした。 2021 年 9 月には 110 対 1 で、2022 年 3 月末まで 120 を超えませんでした。 しかし、それ以来、為替レートは上昇し、わずかに下落して 140 対 1 になりました。これは 11 月下旬とほぼ同じです。 これは、30 年間の安定を経た円の新しい水準であり、太平洋の両側のエコノミストは、元の水準にすぐには戻らないと述べています。

第一生命のエコノミスト、星野卓也氏は「日本はエネルギーや食料を輸入に依存しているため、円ドル相場は日本にとって重要だ。 「円安は家計や企業の経済的負担を大きくする」 この変化はまた、ドルに対する日本の賃金を低下させ、海外で働く日本人が増え、日本に来る外国人労働者が減ることを意味します。 これは日本の産業にとって壊滅的な傾向であり、人口減少と農村部から都市部への大移動により、ほとんどの主要セクターで深刻な労働力不足に直面しています。

10 月 20 日、通貨トレーダーは 1990 年 6 月以来起こっていないこと、つまり日本円が米ドルに切り替わったことを目の当たりにしました。 為替レート エクリプス 150対1。

円はこの 1 年間で衝撃的な下落を見せました。 2021 年 1 月の時点で、この比率は過去 30 年間の平均為替レートである 103 対 1 でした。 2021 年 9 月には 110 対 1 で、2022 年 3 月末まで 120 を超えませんでした。 しかし、それ以来、為替レートは上昇し、わずかに下落して 140 対 1 になりました。これは 11 月下旬とほぼ同じです。 これは、30 年間の安定を経た円の新しい水準であり、太平洋の両側のエコノミストは、元の水準にすぐには戻らないと述べています。

第一生命のエコノミスト、星野卓也氏は「日本はエネルギーや食料を輸入に依存しているため、円ドル相場は日本にとって重要だ。 「円安は家計や企業の経済的負担を大きくする」 この変化はまた、ドルに対する日本の賃金を低下させ、海外で働く日本人が増え、日本に来る外国人労働者が減ることを意味します。 これは日本の産業にとって壊滅的な傾向であり、人口減少と農村部から都市部への大移動により、ほとんどの主要セクターで深刻な労働力不足に直面しています。

9月22日、日本政府は24年ぶりに円買いドル売りを行いました。 しかし、過去の介入の失敗が、日本銀行(日銀)が円を守るための本格的な措置を講じていない大きな理由です。 BK アセット マネジメントのマネジング ディレクター、キャシー リエン氏は、「介入の取り組みは、他の G7 諸国と共同で介入した場合にのみ、実際に機能しました。 CNBC. 「日本銀行と財務省には、失敗した介入の歴史があります。私たちはそれを知っています。彼らもそれを知っています。」

日本政府と中央銀行は円へのさらなる介入に断固として抵抗してきましたが、この為替レートの下落ポジションの広範な経済的影響は、日本の家計に大きな打撃を与えています。 それらはまた、日本企業の新たな競争力への道と、労働者のより良い賃金への希望について、深刻な根本的問題を提起します。


今年の通貨安の根底にある政策上の主な問題は、米国と日本の金利差にある。 低金利は借り入れを促進し、経済を刺激しますが、高金利は借り入れを抑制しますが、インフレを抑えるのに役立ちます。 日銀の黒田東彦総裁は利上げに断固として反対しているが、米国では連邦準備制度理事会が今年これまでに0.5%から4%に利上げした。

この金利差は、多くの議論の対象となっています。 ブルームバーグ コメンテーターの Daniel Moss と Gearoid Reidy は、金利の引き上げは日本の債務の山を増やし、政府支出プログラムの増加と壊滅的な家計の原因になると指摘しています。 その結果、Moss と Reidy は、日銀が円安を受け入れるのが賢明であると主張している。

一方、ロイターのジャーナリスト、ライカ・キハラ氏によると、日本の政策立案者は、2023 年のインフレに見合った消費者需要と賃金の伸びを回復させようと躍起になっています。 停滞している日本の賃金を引き上げることも、日本の岸田文夫首相の主要な政策目標でした。 日銀に詳しい関係者は、「日本にとって、賃金とインフレの正のサイクルの始まりをついに見るまたとないチャンスだ」と語った。 ロイター 金利上昇の可能性について。

日本経済産業研究所のコンサルタントである中島敦氏は、次のように述べています。 外交政策 円高の要因は金利だけではない。 「日本の大量のエネルギーと食料の輸入にかかるコストの増加と、アメリカやヨーロッパの企業に対する日本の産業の競争力の低下が、円安の重荷になっている」と中島氏は語った。

過去に円安が進むと、円安が輸出を促し、経済成長を支えてきました。 「しかし、現時点では、日本の市場が縮小しているために日本の産業がグローバル化されているため、この影響はあまり見られません。 [the weak yen] 米ドルで利益を上げることができる日本企業は、資金をさらに活用していますが、輸入コストが大きい日本企業は、そのコストを増やしています。

簡単に言えば、日本の輸入部門は苦しんでいますが、輸出部門は恩恵を受けています – ただあなたが通常期待するほどではありません. 同国最大の自動車セクターは、Covid-19 パンデミックによる長引くサプライ チェーンの問題と、半導体やその他の必要なコンポーネントの調達における制約により、為替レートを活用できていません。 それでも、情報技術やマイクロプロセッサ産業などの他の輸出部門は恩恵を受けています。 パンデミックの打撃を受けた観光部門も大きな勝者であり、有利な為替レートのおかげで、インバウンド観光客が日本を訪れ、より多くのお金を使うようになっています。

円安のメリット・デメリットを列挙すると、今回はデメリットの方が圧倒的に多い。 日本における購買力の成長は、比較的低いインフレ率、つまり実質賃金を伴っていません。 下っていく. この傾向は、円安と相まって、一般の日本人の生活水準を低下させています。商品価格は上昇し、賃金は横ばいになり、円は海外での買い物がかつてないほど減少しています。 これまでのところ、日本政府は家計への打撃を軽減するために注ぎ込んでいます 3.5兆円 エネルギーと食料の補助金への巨額の予算投資は、永遠に維持することはできません。

「一部の企業は、物価上昇をカバーするために一時的に賃金を引き上げることができる『インフレ手当』を持っている」と星野氏は語った。 “[But] 需要の増加とエネルギー価格の上昇により、個人消費が増加しにくくなっています。

円安は外国人人材を遠ざけることで企業にさらなる打撃を与える。 ネパールやベトナムなどの国から来日している何百万人もの外国人労働者が母国に送金していますが、現在は家族を帰国させるのに苦労しています。 食品加工、農業、製造などの産業はすでに大きく依存しています 外国人労働者、特に田舎では。 日本と、ドイツやオーストラリアなどの労働市場に格差のある他の国々との間の賃金格差の拡大は、これらの労働者を必要とする企業に現実的なリスクをもたらします。

政府予算も円安の犠牲になっている。 円安は防衛装備品の外貨支払いが高くなることを意味する。 為替レートは、輸入原材料に依存する公共事業やインフラ プロジェクトにも影響を与えます。 財務省は為替レートの変動を補うために資金を確保しているが、政府機関はすでに現金を確保するのに苦労している. 優先度の低い予算項目 可能であれば。


いくつかの点で、現在の日本の経済状況は、一般消費者にとって他の先進国よりも優れている、と中島氏は指摘した。 「パンデミックのロックダウンと制限が解除された後、需要が再び回復しているため、需要の滞りが経済に打撃を与えている」と彼は述べた。 「日本政府はインバウンド旅行の制限も解除し、経済をさらに押し上げました。」 これらの要因と、奨励するための新しい政府補助金 国内旅行適切なタイミングで団結して経済を刺激しましょう。

「歴史的な円安と地政学的リスクへの懸念は、日本にとって好機だ」と中島氏は説明した。 「政府はハイテク産業の発展に何兆円も投資したいと考えており、政府からのそのような支援は将来のリスクを軽減し、成長のためのより良い機会を提供するでしょう.」

これらの大規模な投資は、日本が弱い経済競争力を回復するのに役立ついくつかの希望を提供します。 しかし、多くの問題はより構造的なものです。 あ 最近の研究 日本総合研究所の牧田毅氏は、日本の企業競争力低下の最大の要因は、経営の遅さ、デジタル技術への関心と理解の欠如、グローバル化への対応の遅さにあると述べています。

「過去20年間、日本では付加価値や生産性の伸びが弱かった。その結果、多くの日本企業が利益率の縮小を目の当たりにしており、従業員の賃金を上げることさえできていない」と中島氏は語った。

「日本の基本能力向上に必要な改革」 書く Richard Katz は、カーネギー国際問題倫理評議会のシニア フェローです。 「岸田政権は、所得分配と新興企業の育成に関する高い目標を具体的な政策に変換すれば、状況を改善するために多くのことができる5カ年計画を発表する予定です。残念ながら、東京の政策立案者との最近の会話は、必要な前向きな措置が取られるかもしれませんが、船を好転させるには十分ではないかもしれません。」.

黒田総裁が利下げを拒否したことで、良くも悪くも円安が続いている。 日本人の現在の状況は、円安が示唆するほど悲惨ではありませんが、安倍晋三前首相の有名なアベノミクスの下で始まった傾向は続いています。日本の普通の人々でさえ、貧しくなっています. 経済と企業利益が全体的に成長するにつれて。

雇用率は高いが、賃金は上がらない。 金利は低いが、家計は貯蓄をため込んでいる。 GDPは伸びたが、生産性は追いついていない。 現在、為替レートが下落しているため、食料や光熱費のコストが上昇しています。

中島氏は「今後数カ月で円の現状が変わるとは思わない。 「私の関心は、日本の産業の競争力を向上させるために政府が進めている対策です。それはより重要です。」

READ  ペンタトニックスがシンガポールと日本での2023年のツアー日程を発表