12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国の脅威の中で、日本は海上哨戒用のシーガーディアンドローンの運用を開始

国境警備サービスの機能も果たす日本の沿岸警備隊は、無人航空機 (UAV) の運用を開始して、同国の近くの海域をパトロールしている、と日本の放送局 NHK が水曜日に報じた。

MQ-9B シーガーディアン UAV は水曜日の午後、日本の北東部の青森県にある海上自衛隊の八戸航空基地から離陸し、航空機はオペレーターによって地上から制御された、と報告書は述べた。

UAV には高感度カメラが装備されており、高度 3,000 メートル (9,843 フィート) からでも船舶を追跡できます。赤外線やその他の検出デバイスを使用して、航空機が衝突を回避できるようにします。

また、ドローンにはレーダーや人工知能機能を備えたデバイスが搭載されています。 レポートによると、UAV はリアルタイムで分析用の映像を送信します。

シーガーディアンは、大規模な海上監視および偵察任務、特に災害対応および攻撃任務を含む対潜捜索および救助活動に使用されると報告書は述べ、その取得には40億円(2700万ドル)の費用がかかると付け加えた.

シーガーディアンは体長 11.7 メートル (36 フィート)、翼幅は 24 メートルです。 UAV は 1 日 24 時間飛行することができ、これにより無人機は日本の排他的経済水域の全周を一周することができると報告書は述べています。

管理は専門家に任せ、海上保安庁が監視とデータ分析を行う。

沿岸警備隊は UAV の数を増やしたいと考えており、2023 年度 (2023 年 4 月 1 日から) の予算を 86 億円増やしたいと報告書は付け加えた。

一方、日本の岸田文夫首相とオーストラリアのアンソニー・アルバニーズ首相は、中国の軍事力が増大する中、両国間の防衛協力に関する新たな宣言に署名する可能性があると、日本の通信社共同通信が情報筋を引用して報じた。

リムバッハ
180725-N-VR594-1009
PACIFIC OCEAN (2018 年 7 月 25 日) オーストラリア海軍、オーストラリア陸軍、アメリカ海兵隊、スリランカ海軍、マレーシア王立陸軍、ブルネイ国軍、陸上自衛隊、ニュージーランド陸軍の軍関係者が集まりました。 2018 年 7 月 25 日のリム オブ パシフィック (RIMPAC) 演習中のヘリコプター ドック着陸船 HMAS アデレード (L01) のフライト デッキでの集合写真。 6 月 27 日から 8 月 2 日まで、25 か国、46 隻の船、5 隻の潜水艦、約 200 機の航空機、25,000 人の人員が、ハワイ諸島と南カリフォルニア周辺の地域で RIMPAC に参加しています。 世界最大の国際海上演習であるRIMPACは、シーレーンの安全と世界の海の保護を確保する上で主要な参加者間の協力関係を育み、維持しながら、ユニークな訓練の機会を提供します。 RIMPAC 2018 は、1971 年に開始されたシリーズの 26 回目の演習です。 (2nd Class Kelsey J. Hockenbergerによる米海軍の写真/公開)

報道機関によると、岸田氏は 10 月 22 日にオーストラリアの都市パースでアルバニア人との会談を行う予定であり、会談後、両当事者は新たな合意を発表する可能性がある。 この文書は、「自由で開かれたインド太平洋」の重要性を強調するものです。 宣言の内容に関するその他の詳細については言及されていません。

報道機関によると、防衛協力に関する新しい宣言は、2007 年に日本の安倍晋三首相とオーストラリアのジョン ハワード首相が署名した文書に取って代わるものです。

この防衛協定は、特に緊急事態や平和維持活動における日本とオーストラリアの軍人の共同訓練を通じて、防衛分野における両国間の関係を大幅に強化します。 また、対テロ戦争および諜報活動における政党間の協力も強化しました。

特にオーストラリアは日本への主要なガス輸出国であるため、日本とオーストラリアの高官がエネルギー協力について話し合うことが期待されています。

5月、岸田氏とアルバニア人は、過去15年間にこの地域での中国の存在感が増していることを考慮して、すでに宣言について話し合っていた、と通信社は報じた。

READ  日本は沖縄変更50周年を記念してコインを発行する予定です