5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国、安全審査でマイクロン製品のチェックを怠り、一部購入を阻止

中国、安全審査でマイクロン製品のチェックを怠り、一部購入を阻止

[北京 2日 ロイター] – 中国のサイバースペース規制当局は日曜日、米国の半導体メーカー、マイクロン・テクノロジー(MU.O)製製品がネットワークセキュリティ審査に不合格となったため、大手インフラ事業者が同社から製品を購入することはできないと発表した。

中国の重要な情報インフラの広義の定義によれば、この決定は米中間のチップ技術をめぐる論争のさなか発表され、通信から運輸、金融まで幅広い分野が関与する可能性がある。

中国サイバースペース局(CAC)は声明で、「調査の結果、マイクロン製品には深刻なネットワークセキュリティリスクがあることが判明した。これは中国の重要な情報インフラのサプライチェーンに重大なセキュリティリスクをもたらし、中国の国家安全保障に影響を与える」と述べた。

マイクロンは、中国で販売される同社製品の審査を完了した旨の通知をCACから受け取ったと述べ、「引き続き中国当局との協議に参加する」ことを楽しみにしていると述べた。

CACは発見したリスクや影響を受けるマイクロン製品の詳細については明らかにしていない。

ジェフリーズのアナリストらは、マイクロンの中国における主な顧客はインフラサプライヤーではなく、スマートフォンやコンピューターメーカーなどの家電企業であるため、マイクロンへの影響は限定的だと予想している。

「マイクロンのDRAMおよびNAND製品はサーバーでの価格がはるかに低いため、中国での収益のほとんどは通信会社や政府から得られたものではないと考えている。したがって、マイクロンへの最終的な影響は非常に限定的になるだろう」と彼らはメモで述べた。 。

マイクロンはDRAMおよびNANDフラッシュメモリチップを製造しており、韓国のサムスン電子(005930.KS)やSKハイニックス(000660.KS)、さらには東芝(6502.T)の一部門である日本のキオクシアと競合している。

SKハイニックスとサムスンの株価は月曜序盤にそれぞれ1%と0.5%上昇し、市場全体(.KS11)は0.6%上昇した。 東芝の株価は横ばいでした。

タフツ大学教授で『チップ・ウォーズ:世界で最も重要な技術をめぐる戦い』の著者であるクリストファー・ミラー氏は、CACの発表が日本でのG7首脳会議中に行われたことは重要なタイミングだったと述べた。 」

マイクロンは先週、日本でUV技術に最大5000億円(37億ドル)を投資する計画を発表し、先進的なチップ製造技術を日本に導入する最初のチップメーカーとなり、現在チップ部門の活性化を目指している。

ジョー・バイデン米大統領は日曜、G7諸国が「中国との関係のリスクを軽減し、多角化する」ことで合意したと述べた。 両首脳はまた、経済的「強制」に対抗する取り組みを開始することでも合意した。

ミラー氏は「この問題は、この分野でのG7の取り組みの初期の試練となる可能性がある」と述べた。

中国は3月下旬にマイクロン製品の見直しを発表した。 同社は当時、協力しており、中国での事業運営は正常であると述べた。

米中政府間の対立で、米国政府は中国への半導体製造技術の一連の輸出規制を課し、マイクロンのライバルである揚子江メモリーテクノロジーズによる特定の米国部品の購入を阻止する方向に動いた。

中国との競争に関する米議会選出委員会のメンバーを含む米当局者らはコメント要請にすぐには応じなかった。

マイクロンは売上高の約10%を中国から得ているが、今回の決定が同国の非中国人顧客に対する同社の売上に影響を与えるかどうかは不明だ。

ジェフリーズによると、同社は昨年中国と香港から52億ドルの収益をもたらし、これは総収益の約16%に相当する。

アナリストらによると、中国に流入するマイクロン製品の大部分は、中国以外の企業が中国で製造される製品に使用するために購入しているという。

中国は2021年9月、重要な情報インフラの保護を目的とした規則を課し、事業者はデータセキュリティなどの分野でより厳しい要件に従うことが求められた。

中国政府は公共通信や運輸など「重要」とみなす産業を広範に定義しているが、これがどのような種類の企業や事業範囲に適用されるのかは具体的には明らかにしていない。

(レポート:ケビン・ヤウ、編集:エレイン・ハードキャッスル)

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ユーロ圏のインフレ率は、ユーロの創設以来最高水準に達しています