9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシアの水泳庇護を申請するために日本まで12マイル

ロシアの水泳庇護を申請するために日本まで12マイル

  • 難民はロシアのクナシル島から日本の海岸に泳ぎました
  • 日本当局はロシアの庇護希望者の身元を確認していない
  • 名前のない情報源は、38歳のVos PhoenixNogartという男性を指名しました。
  • ノカートはビザ規則に違反したとして2011年に日本から強制送還されました
  • クナシルは千島列島の一部であり、ロシアと日本はまだ争っている


ロシアが支配するクナシル島から日本の沿岸都市士別まで12マイル泳いだロシア人男性が日曜日に政治亡命を求めた。

日本当局はまだロシアの亡命希望者の身元を公式に確認していませんが、調査に近い情報筋はその男をイジェフスクのVos Phoenix Nogart、38歳と特定しました。

彼は日本の当局に逮捕され、北海道の警察署に連行されました。

名前のない情報筋は、ロシアを運営するRIAノーボスチに次のように語った。 彼は水泳で12マイルの水を渡った。

ノカートは2011年にビザ規則に違反したとして日本の当局によって国外追放されたと伝えられており、彼はタイとバリからの国外追放の公式文書を作成した記録を保持しています。

グナシル島は北海道沖約12マイルに位置しています。 難民は日曜日に海岸の小さな漁村、士別に到着した。

日本の千島列島に最も近いクナシルは、北海道沖に見えます

日本の千島列島に最も近いクナシルは、北海道沖に見えます

難民の身元を明らかにした証拠は、彼の性格の悪い絵を描いた。

彼は千島列島に3年間住み、仕事をする場所がなく、コロビノに住んでいました。 [village]、テントで寝るか、出会った人と一緒にそこに定住した。

加藤勝信官房長官は、ロシアの訪問の詳細を確認した後、RIAノーボスチによると、政府は「適切な行動を取る」と述べた。

難民がやってきたと言われる士別は、人口数千人の小さな漁村で、電車で行けない日本でも数少ない場所のひとつです。

2019年、ロシアのメディアは、モスクワから600マイル離れたウラルのイジェフスク市出身のノカートがロシアの「極東ヘクタール」プロジェクトの一環として無料の土地を受け取った後、クリルに移動しました。

ノバヤガゼタ紙の報道によると、ノガルトは日本文化を賞賛し、国の慣習をよりよく理解するために日本語の授業に参加した人物であるとのことです。

クナシルは千島列島の一部であり、ロシアが管理する小さな土地群であるが、日本が争っている

クナシルは千島列島の一部であり、ロシアが管理する小さな土地群であるが、日本が争っている

晴れた日の干潮時のクナシル島のストルパチ岬の空中ビデオショット。 島の自由な土地は、その極東を復活させる計画の一環として、一部のロシア市民に与えられました。

晴れた日の干潮時のクナシル島のストルパチ岬の空中ビデオショット。 島の自由な土地は、その極東を復活させる計画の一環として、一部のロシア市民に与えられました。

ユシュノ・クリルスク地域の当局者は、難民がロシアの極東を復活させる計画の一環として、クナシルに無料の土地を受け取ったと述べた。

クナシルはロシアが支配する小さな領土である千島列島の一部ですが、その所有権は日本によって争われています。

第二次世界大戦の最後の日にソビエトが戦略的島々を占領した後、両国はその日まで第二次世界大戦の平和条約に署名することを妨げられました。

ロシアの国営通信社TASSは今月初めに、長期にわたる軍事訓練演習の一環として、千島列島に51の新しい軍事インフラを建設する計画を発表しました。

ロシア国防省は8月9日、兵役用の7つのアパートを含む30以上の建物を島に設置したと発表した。

ロシアの国営通信社TASSは今月初め、長期にわたる軍事訓練演習の一環として、千島列島に51の新しい軍事インフラを建設する計画を発表しました。

ロシアの国営通信社TASSは今月初め、長期にわたる軍事訓練演習の一環として、千島列島に51の新しい軍事インフラを建設する計画を発表しました。

READ  トヨタ第1四半期の営業利益は92億ドルに上昇し、予想を上回った