7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

メトロポリスジャパン

メトロポリスジャパン


日本銀行 7月3日には千円札、五千円札、一万円札の新デザインが発表された。 各紙幣は、ホログラフィック要素 (偽造防止技術) と新しい歴史上の人物で装飾されています。

千円札

現在の千円札と同様に、古典的な青色が特徴的な現代版です。 表面には、医学への多大な貢献で知られる日本の内科医で細菌学者である北里柴三郎の肖像画が描かれています。 柴三郎は、そのプロフェッショナリズム、科学的関心、そして影響力のある仕事により、歴史を通じて賞賛され続けています。 紙幣上の彼の顔は、私たち一人ひとりが日常生活に持ち込める献身と集中力の象徴として機能します。

1894年、シバサプロは腺ペストの壊滅的な流行の最中に香港に送られた。 ここで彼の決意は問われましたが、彼は驚くべき発明で勝利を収めました。 数週間以内に、彼はペストの原因となる微生物を特定し、現在ではそれが「ペスト菌」であると認識されています。

その後、柴三郎は何千人もの人々を助け、1923 年に設立された日本医師会から認められました。 大正天皇は彼を初代総裁として讃え、翌年には孫に叙せられた。

紙幣の裏面には葛飾北斎による日本の木版画(または浮世絵)が描かれています。 「富嶽三十六景」シリーズの「神奈川の波の下」、別名「ザ・グレート・ウェーブ」。 この地域は、江戸時代の 1831 年に創設されて以来、大きな影響力を持っています。 波の下で海に向かって奮闘する3隻の漁船が描かれており、自然の力と人間の力の間の力関係を表しています。

5,000円札

象徴的な紫の色合いをそのままに、紙幣の片面には藤の花が描かれています。

スダは社会に積極的に貢献し、女子たちに教育の機会を認識させるよう奨励したことで評価されています。 彼女の功績は今日に至るまで須田大学を通じて尊重されており、女性の地位向上と学者の地位向上に貢献し続けています。

女性に自分の可能性について考えるよう奨励した須田は、何世代もの女性にインスピレーションを与え、20世紀の日本を急速に近代化させました。 ¥5,000 は、ジェンダー平等を日本文化にさらに組み込むための彼女の取り組みを目的としています。

須田氏の遺産を支援するために、日本の藤の花は、勇気、愛、長寿という彼の教えを強化します。 芸術、詩、着物の中でよく見られる藤は、その美しさで賞賛され、次世代を代表します。 これは、男性と女性が調和して暮らせる日本社会の進歩を示すものと解釈されます。 藤の花は仏教徒によって崇拝されており、藤の花は「お辞儀をした」花であり、平和とすべての人への敬意の考えを表していると考えられています。

一万円札

新一万円札の表面には渋沢栄一が描かれています。 渋沢は非常に人気のある実業家であり銀行家であり、「日本資本主義の父」と呼ばれています。 彼は近代日本産業の創始者の一人として、西洋資本主義を日本に持ち込み、多くの経済改革を導入し、その結果現在の日本の銀行構造が誕生しました。

日本の工業化が進んだ明治維新の時代に、彼はビジネスと金融の分野でキャリアを追求し、その倫理的な商行為と社会的責任が認められました。 彼は、経済成長と社会福祉および倫理のバランスをとることの重要性をもたらし、それが日本の産業社会に明確で人道的な基盤を築きました。

彼の起業家精神と倫理的なリーダーシップは高く評価されており、その強さは紙幣の裏に印刷された東京駅丸の内駅舎に反映されています。 関東大震災と第二次世界大戦の焼夷弾爆撃から生き残ったことで有名な丸の内ビルディングは、東京駅から 180 メートルの高さにそびえ立ち、現在は店舗、レストラン、オフィスが入っています。 戦争による被害を回復するために再建された後、東京駅丸の内駅舎は、日本の近代化と日本の建築的および文化的景観における進化を機能的に表現する歴史的ランドマークとなっています。

READ  報告書によると、日本は9月に湾岸地域の外相と会談する予定だという