4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ペトロナス、日本・マレーシア間のCCSバリューチェーンでJERAと提携

ペトロナス、日本・マレーシア間のCCSバリューチェーンでJERAと提携

Petroliam Nasional Berhad (Petronas) は、子会社の PETRONAS CCS Solutions Sdn Bhd (PCCSS) を通じて、JERA Co., Inc. と協力して、日本とマレーシア間の完全な炭素回収・貯留 (CCS) バリューチェーンの実現可能性を評価しました。 と共同研究契約を締結しました 。

両社は別々のプレスリリースで、協定の範囲には、日本でJERAが排出する二酸化炭素(CO2)の隔離と回収、マレーシアでの国境を越えた輸送とCO2貯蔵が含まれると述べた。

マレーシアには CO2 地下貯留に適した場所が数多くあり、ペトロナスは CCS を専門としており、いくつかの CCS プロジェクトが進行中です。 両社は、今回の提携が国境を越えたCO2輸送と貯蔵のための世界的なネットワークの構築に役立つと述べた。

PCCSS CEO の Nora'in Md Salleh 氏は、「この契約は、重要なパートナーとの連携強化に向けた重要な一歩を示しています。この連携の精神は進歩を加速させ、両社の豊富な経験を活用して CCS の提供を改善することになります。これは、次のとおりです。」と述べました。ペトロナスは、マレーシア地域における主要な CCS ハブの開発を加速するという取り組みを行っています。」

これは、ここ数週間で CCS に関して両国間で発表された 2 回目の協力です。 3月、ペトロナス、ペトロリアム・サラワク・ベルハド(ペトロス)およびその子会社CCS Ventures Sdn Bhd(ペトロナスCCSベンチャーズ)、および日本のコンソーシアムは、サラワク海のM3リポジトリのストレージプラットフォーム契約を締結した。 日本のコンソーシアムは石油資源開発株式会社(JPEX)、日揮ホールディングス株式会社、川崎汽船株式会社(K Line)で構成されています。

以前のプレスリリースによると、この合意に基づき、両当事者はCCSサイトの実現可能性調査を実施し、オフショアターミナルや輸送パイプラインを含むCO2貯留サイトの開発を計画するとともに、その技術商業的実現可能性を評価する予定だという。

日本のエネルギー企業も世界の他の地域での提携を模索している。 2 週間前、シェブロン USA Inc. シェブロン ニュー エナジーズ部門は、アジア太平洋地域における潜在的な CO2 バリュー チェーンを調査するため、JX 日鉱日石開発株式会社と覚書 (MoU) を締結しました。

この覚書は、オーストラリアおよびアジア太平洋地域の他の国々における二酸化炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトのために日本からのCO2輸出を評価するための枠組みを提供すると両社が共同発表した。

両社は、日本の工場から排出されるCO2をオーストラリアのシェブロンの温室効果ガスポートフォリオに輸送するCCSバリューチェーンの構築を目指している。 リリースによると、この協力は「適切な国境を越えた政策を開発する可能性と、アジア太平洋地域の他国でのCO2貯留サイト開発の可能性を探る」という。

3月初め、Japexはインベスト・アルバータ・コーポレーションと同州における持続可能性目標を推進するための覚書を締結した。 両社は、同州におけるJapexの潜在的なプロジェクト、すなわち炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)、炭素回収・貯蔵によるバイオエネルギー(BECCS)、およびブルー水素/アンモニアに協力することを目指している。 インベスト・アルバータは、日本企業に地元市場と投資環境に関する深い知識を提供します。

著者に連絡するには、rocky.teodoro@rigzone.com に電子メールを送信してください。

READ  日本の投資家がESGファンドから45億ドルを引き出し