11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

デジタル化がついに日本経済を変えるかもしれない – BRINK – グローバルビジネスに関する会話と洞察

日本はハイテク大国として知られています。 結局のところ、新幹線、ロボット、コンピューター ゲームの本拠地です。 しかし、この話には別の側面があります。それは、ローテクな日本です。

世界のほとんどが電子メールでコミュニケーションを取っていますが、日本の友人たちはまだファックス機につながれています。 私たちの残りの部分は電子署名を使用していますが、個々の御朱印 (「はんこ」) の古代の伝統は日本で続いています. 外国人観光客が驚いたことに、特に中国のますますキャッシュレス化が進んでいる主要都市では、依然として現金が消費者の購入を支配しています。

Covidは日本のローテクアプローチを暴露した

OECDによる最近の報告 彼は、パンデミックが日本の弱点を露呈したと指摘し、「家庭、企業、政府はデジタル技術の使用に苦労している」と指摘した。 Covid-19の波が続く中、東京の同僚は満員電車でオフィスに駆けつけ、ファックスや書類の切手を作成しました。

政府が経済発展に大きな役割を果たしている国では、政府によるデジタル ツールの使用率は驚くほど低いです。 OECD によると、G-7 諸国の平均が 30% であるのに対し、公的機関の Web サイトで記入済みのフォームを提出するためにインターネットを使用する個人は 10% 未満です。 私の大学のオフィスでは、紙のファイリング システムが壁一面に並んでいるのが印象的でした。

多くの国は、デジタル化によって労働力がロボットやその他のテクノロジーに置き換わることを恐れています。 しかし、日本は独特の、そして幸運な状況にあります。 デジタル化は人々を失業させるのではなく、高齢化する経済における労働力不足を補い、経済に新たな勢いを与えることができます。

日本の高齢化

日本は出生率が低く、平均寿命が伸びているため、世界の高齢化をリードしています。 日本の出生率は現在、女性 1 人あたり 1.4 人ですが、1975 年以降の人口の変化率である 2.1 を下回っています。 その結果、日本の生産年齢人口は 1995 年以降減少しており、総人口は減少する可能性があります。 今日の 1 億 2,500 万人から今世紀末には 7,500 万人に。

当然のことながら、労働者の減少は経済の弱体化を意味し、ここ数十年間、日本の経済成長率は年平均 1% にとどまり、平均寿命は 1960 年の 68 歳から現在では 85 歳に伸びています。 これは政府予算と経済に大きな負担をかける 日本は今 すべての OECD 加盟国は、老後依存率が最も高い.

社会支出により、日本の政府債務は GDP の 250% にまで押し上げられました。これは、すべての OECD 諸国の中で最も高い数値です。

高い経済成長

COVID-19 は、日本での新技術の採用に拍車をかけています。 過去とは一線を画し、ますます多くの日本の「サラリーマン」(そしてますます「サラリーマン」)が自宅からオンラインで仕事をしています。

COVID-19 に関連したこのデジタル化は始まりに過ぎません。 しかし、それは日本をより大きな経済成長の道へと加速させ、動かす可能性を秘めています。

これは成果主義の労働文化の始まりであり、日本の暗黙の企業的および官僚的なイデオロギーの歓迎すべき終焉を意味します。 より多くの消費者がオンラインで購入するにつれて、e コマースが活況を呈しています。 かつて日本では珍しかったオンライン学習は、現在、教育分野全体に広がっています。 日本の伝統的な教育部門を世界に紹介するために、ズームを介して会議が頻繁に開催されます。

COVID-19 に関連したこのデジタル化は始まりに過ぎません。 しかし、それは日本をより大きな経済成長の道へと加速させ、動かす可能性を秘めています。

教育水準の高い労働力はデジタル化の成功の鍵であり、日本は教育の国際ランキングで非常に上位にランクされています。 たとえば、15 歳の日本人の生徒は、科学、数学、および最近の研究の点数が低いです。 OECD の留学生評価プログラム (PISA).

低レベルの英語

しかし、OECD の報告によると、日本の生徒のデジタル スキルは、学校のカリキュラムで新しいテクノロジーに十分に重点が置かれていないために弱いものです。 また、STEM(科学、技術、工学、数学)分野を学ぶ日本人学生は比較的少なく、特に女子と女性が多いです。 デジタル化の潜在的な利益を享受するために、日本はデジタルスキルの教育を改善する必要があります。

労働力の再訓練は、特に増え続ける高齢者が労働力にとどまり続け、女性が家族を養った後に有給の仕事に戻るため、もう1つの必須事項です。 「非標準的な仕事」(カジュアルまたは短期の仕事など)のデジタル再トレーニングの機会を提供するには、社内トレーニングから除外されることが多いため、より多くの努力が必要です.

米国、英国、オーストラリアなどの国は、熟練した移民が経済をデジタル化するエンジンになり得ることを証明しています。 閉鎖的な社会という評判にもかかわらず、日本に住む外国人の数は、過去 30 年間で 3 倍の 300 万人 (総人口の 2.3%) 近くになりました。

近年、日本は多くの移民を惹きつけています インドから現在、約 40,000 人のインド人が、特に IT 部門のスキルギャップを埋めるために日本に住んでいます。

しかし、この成長から利益を得る日本の能力は、長引く反移民感情と不十分な英語力によって妨げられています.日本の人口は英語の「能力が低い」と評価されており、112カ国中78位にランクされています. EF英語能力指数1965年に設立された世界的な教育企業であるEducation Firstが主催。 日本の教育は、語学力と異文化に対する感受性の向上にもっと重点を置くべきです。

国にとって絶好のチャンス

日本の民間部門におけるデジタル化はまちまちです。 大規模な製造企業におけるデジタル技術の使用は、世界で最も進んだ技術の 1 つです。 しかし、小規模な企業やサービス部門では、話はまったく異なります。 多くの場合、IT リソースへの投資は低く、ビジネスの可能性が低いため、新しいテクノロジーや管理方法の普及が妨げられています。

政府が作成したデジタルエージェンシー」は、政府の他の部分の機運を高めるのに役立ちます。 これは、政府の機構が市民の生活において重要かつ成長している役割を果たしているため、特に重要です。 高齢化社会を迎えた高齢者は、社会保障や医療・介護のために公的機関との関わりを続けています。 また、自然災害に見舞われたこの国では、特に現在の Covid-19 の状況において、市民は政府の情報とサポート サービスに接続する必要があります。

デジタル トランスフォーメーションは、日本にとって最大の機会であり課題の 1 つです。 デジタル化は、日本の巨額の公的債務を抑制し、OECD 平均を 20% 下回る生産性を向上させるのに役立ちます。

なので Lowy Institute Asia Power Index ハイライトには、日本が中国に比べて順位を落としていることが含まれており、現在はインデックスのコアパワーのしきい値をわずかに下回っています. デジタル化は、日本の経済力と軍事力を向上させ、それによって総合力を強化する道を提供します。

READ  ケニー・オメガが元タッグチームのパートナーと日本で再会