4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ゼレンスキー氏、オデッサ攻撃後西側に訴え – DW – 2024/03/03

ゼレンスキー氏、オデッサ攻撃後西側に訴え – DW – 2024/03/03

2024 年 3 月 3 日

ゼレンスキー大統領、オデッサ攻撃後、武器の迅速な納入を要請

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は夜のビデオ演説で西側諸国に対し、ミサイル防衛システムと武器をキエフに引き渡すよう求めた。

同氏の演説は、ロシアの無人機の破片がウクライナ南部の港湾都市オデッサの集合住宅を襲い、数人が死亡した後に行われた。

ウクライナのオデッサでドローン攻撃により住宅建物が損傷
ウクライナ南西部オデッサ市の住宅がロシアの無人機攻撃で損傷写真: ウクライナ緊急サービス局 / AP Photo / Photo Alliance

さらに、「アル・シャヘドの無人機を使ったこのような攻撃には軍事的意味はなく、軍事的意味を持つことはあり得ない」と述べた。 「これは命を破壊し、人々を怖がらせることだけを目的としたテロだ。」

同氏はさらに、「世界はテロに立ち向かうために何ができるかを知っている。世界には十分なミサイル防衛システムと、シャヒドの無人機やミサイルから身を守るシステムがある」と付け加えた。

「国民を守るためのウクライナへの武器やミサイル防衛システムの供給の遅れは、残念ながらこのような損失をもたらし、ロシアによって殺害された子どもたちのリストが増え続けているという事実につながっている。」

さらに「ウクライナは命を守るために必要以上のことは求めなかった」と付け加えた。 「命が失われ、パートナーが単に国内の政治的駆け引きや紛争を行っているだけで、私たちの防衛を制限している場合、理解することは不可能です。それは容認できません。忘れることは不可能です。世界はそれを思い出すでしょう。」

ゼレンスキー氏のコメントは、米国の包括的な対ウクライナ支援策が米下院で依然として停滞している中で出された。

sdi/wd (ロイター、AFP、AP、DPA)

READ  台湾は、中国の飛行禁止区域が約33便に影響を与えると言います