1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イーロン・マスクはツイッターで掃除人を解雇し、従業員に自分のトイレットペーパーを持参するように強制していると伝えられています

ツイッターのCEO イーロン・マスク 彼は苦労している新しい会社でコストを徹底的に削減し、用務員を解雇し、一部の従業員に自分のトイレットペーパーを持参させました。

Twitter のサンフランシスコ本社 (およびシアトルの本社) は大きくなっています。 臭くて気持ち悪い マスクが「狂ったようにコストを削減している」と自慢した後.

さらに4フロアが閉鎖され、カビの生えた食べ物を食べても効果がなかった後、現在、従業員はTwitter本社の2フロアに密集しています.

「外で食べた食べ残しの匂いや体臭が床に残る…トイレが汚い」「トイレットペーパーを家から持ってくる労働者もいる」 ニューヨーク・タイムズ スタッフのアカウントを引用して、木曜日に報告されました。

マスク氏は今月初め、本社の清掃業務を突然キャンセルし、 NBCニュース 言及された。 清掃業者は、より良い給料と会社を求めた後、休日の数週間前に警告なしに閉鎖されたと述べた クリーニング契約終了.

あるコンシェルジュは言った BBC 彼は 10 年間 Twitter で働いており、 マスクのチームによるナレーション ロボットが人間の掃除人に取って代わるため、最終的に彼の仕事は存在しなくなるでしょう。

しかし、ロボットはまだ登場していません。

Timesによると、警備員の削減は当面残りの労働者に深刻な影響を与える可能性がありますが、マスクはサクラメントの重要なデータセンターを実行しているサーバーもシャットダウンしました. 伝えられるところによると、Twitter は単に数百万ドルの家賃やさまざまなサービスの支払いをやめただけです。

マスクは、病んでいる作戦を救うために抜本的な行動を取らなければならなかったようです. 12 月 20 日に Twitter Spaces に語ったところによると、彼は会社を「基本的には…飛行機だ」と説明しました。 高速で地上に向かう エンジンが燃えていて、コントロールが機能していません。」

関連している…

READ  ポルシェ、フォルクスワーゲン、ベントレーを運ぶ燃えている貨物船が大西洋にぶらぶらと浮かんでいます