2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエル軍がレバノン人ジャーナリストを殺害したことをロイターが発見したことを受け、イスラエルはこの地域が戦闘地域であると主張

イスラエル軍がレバノン人ジャーナリストを殺害したことをロイターが発見したことを受け、イスラエルはこの地域が戦闘地域であると主張

[エルサレム 13日 ロイター] – イスラエル軍は金曜日、イスラエル軍が10月13日にレバノン南部でロイター記者を殺害したと結論付けたロイターの調査に応じ、この事件は活発な戦闘地域で起き、調査中であると述べた。

軍事声明は、映像ジャーナリストのイサム・アブドラ氏の死には直接言及せず、当時レバノンのヒズボラ戦闘員が国境を越えて攻撃し、イスラエル軍は銃撃犯容疑者の侵入を阻止するために発砲したと述べた。

木曜日に発表されたロイター特別報告書は、ジャーナリストらが国境を越えた爆撃を撮影している間にイスラエルの戦車兵がイスラエルから2発の砲弾を続けて発砲し、アブドラさんを殺害し、ジャーナリスト6人を負傷させたと結論づけた。

金曜日のイスラエルの声明は、10月13日にイランの支援を受けたヒズボラ戦闘員がレバノン国境沿いのイスラエル領土内の複数の目標に対して攻撃を開始したと発表した。

「ある事件では、対戦車ミサイルが発射され、ハニタ村近くの国境フェンスに命中した。対戦車ミサイルの発射後、テロリストがイスラエル領土に侵入する可能性について懸念が生じた。」 イスラエル国防軍が声明で述べた。

「これに対し、IDF は大砲と戦車による砲撃を行って侵入を阻止した。IDF は、その地域にいたジャーナリストが殺害されたという主張を認識している。

さらに、「この地域は活発な戦闘地域であり、活発な銃撃が行われており、この地域にいるのは危険です。この事件は現在調査中です。」と付け加えた。

この襲撃により、イスラエル国境から1キロ離れたレバノンのアルマ・アル・シャーブ村近くでアブドラさん(37歳)が死亡、AFP写真家のクリスティーナ・アッシさん(28歳)が重傷を負った。

アムネスティ・インターナショナルは木曜日、イスラエルによる空爆は民間人への直接攻撃である可能性が高く、戦争犯罪として捜査されるべきだと述べた。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは別の報告書で、イスラエルによる二度の襲撃は「明らかに民間人に対する意図的な攻撃であり、従って戦争犯罪である」とし、責任者は責任を問われるべきだと述べた。

アントニー・ブリンケン米国務長官は木曜日、この殺人事件に関するイスラエルの捜査が結論に達し、その結果が分かることが重要であると述べた。

ブリンケン氏は記者会見で「イスラエルがそのような調査を開始したと理解している。この調査が結論に達し、調査結果を見ることが重要だ」と述べた。

ダン・ウィリアムズとハワード・ゴーラーが執筆。 アンガス・マクスワン編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ロシアの抗議活動:群衆が機動隊と衝突、活動家が投獄される