3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アメリカと日本の友好を象徴する桜の木がホワイトハウスに植えられました

アメリカと日本の友好を象徴する桜の木がホワイトハウスに植えられました

ワシントン (AP) — ファーストレディのジル・バイデンは、スパイクのかかとで芝生をゆっくりと歩いています。 そして、日本の首相の妻である岸田優子は、月曜日にホワイトハウスに桜の木を植え、両国間の数十年にわたる友情を称えました.

「これがいつもの木を植える方法です」と、彼と岸田が南の畑のソメイヨシノの木の根元で土を掘ったとき、バイデンは彼の靴について笑いながら言った.

ホワイトハウスに木下氏を歓迎し、「この木の植樹は、両国の友好が永遠に続くことの象徴です」と述べた。

それはその日の唯一の公の関与でした。

岸田は珍しく単独で渡米。 在ワシントン日本大使館によると、首相夫人が単独で訪米するのは初めてで、岸田氏はバイデン氏の招待で訪米した。

日本政府によると、彼は週の一部をワシントンで過ごし、日米間の友好関係と文化交流を促進している.

日本大使館の声明によると、バイデン氏からホワイトハウスを視察された岸田氏が用意したお茶を飲みながら、女性たちは最初に会った。

バイデン氏は木下氏を大統領執務室に連れて行き、ジョー・バイデン大統領に挨拶した。 女性限定の食事に招待された人々の中には、カリフォルニア州民主党のドリス松井議員が含まれていました。 ワシントン・バレエのプリンシパル、大貫真希。 ファーストレディのオフィスによると、イェール大学医学部の免疫学教授である岩崎明子。

新しい苗木は、2017 年 7 月にサウス グラウンドに植えられた桜の木の挿し木から繁殖したソメイヨシノの木である、とホワイトハウスは述べた。 東側に植えました。 ホワイト ハウスには、18 エーカーの敷地に 23 本の桜の木があります。

バイデン氏と岸田氏の会談は、岸田文夫首相とバイデン大統領が大統領執務室で会談した1月から計画されていた。 岸田さんの奥さんが旅に同行した。 しかし、ファーストレディが手術から回復していたため、当時ジル・バイデンは岸田優子をホストすることができませんでした. 彼の皮膚からいくつかの癌性病変を取り除くために2日前に行われました.

来週の韓国大統領の公式訪問に先立って ユン・ソクヨルとキム・キョンヒ大統領夫人。

バイデン大統領は、平和な北朝鮮とより強力な中国への懸念が共有されている時期に、日本と韓国とのより緊密な安全保障協力の構築を目指してきました。 インド太平洋地域がますます複雑になるにつれて、彼は歴史的なライバルが長く豊かな関係を改善するのを助ける機会を探してきました.

3月、韓国は、東京の植民地支配中に強制労働を行った韓国人に補償する計画を発表しました。

バイデン大統領は、この動きを両国間の協力における「輝かしい新しい章」として歓迎した。 ユン氏は 3 月下旬に東京を訪れ、岸田氏と会談した。 両首脳の首脳会談は2011年以来。

米国と日本の配偶者は、岸田氏が5月中旬に日本の広島で米国を含む主要先進国によるG7サミットを主催する数週間前に会った.

会談の最後に、岸田氏は、彼と首相がバイデン氏を首脳会談に迎えられることを望んでいると述べた.

___

AP通信のライター、ワシントンのアミール・マダニと東京のマリ・ヤマグチがこのレポートに貢献した。

READ  日本の実質賃金は低下を続け、次期日銀議長への挑戦となる