5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジアは再開しましたが、日本はまだほとんどの旅行者に閉鎖されています

最近の記事で、小説家で京都出身の柏木圭二郎は、彼の仲間の京都人は、街の平和を飲み込む観光の「歓声」と「コロナ流行の大惨事のパラドックス」を切望していたと書いています。 失われた街の美しさを取り戻す」

斉藤鉄夫運輸相は3月、国会が再開する際には、「観光過多防止」など、国がどのように観客に昇格したかを再考する必要があると述べた。

帰国観光客に関心のある企業は、多額の政府補助金によって支援されており、国内観光は、海外旅行中にリスクや潜在的な健康リスクを冒すことへの日本人旅行者の抵抗の高まりによって奨励されています。

与党議員の小島敏文氏は、日本の当局者はできるだけ早く観光客を増やしたいと述べたが、国内情勢がどのように進展するかを見るまでは慎重である。

この国は現在、オミグロンの亜種の症例数を過去最高に押し上げたと宣言された国家緊急事態から抜け出しました。 しかし、地元の人々が桜を楽しむために東京エリアに集まるにつれて、その数は再び増加しています。 木曜日の7日間の平均は約42,000で、1週間前の20,000から増加しました。

現時点では、彼がポストを離れた後に何をするかは不明です。 “氏。 児島は言った。

東南アジアの国々は、ワクチン接種率が比較的高く、ウイルスと安全に暮らし、脆弱な観光セクターを復活させてシームレスな旅行の再開を保証することで、ここ数ヶ月、国際観光の制限を緩和することに忙しくしています。

READ  日本は国内のチップ生産に助成金を支給する計画を策定-日経