5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

World of Warcraft: 中国に帰ってきた人気ゲーム

World of Warcraft: 中国に帰ってきた人気ゲーム

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

中国企業NetEaseとゲームパブリッシャーActivision Blizzardが係争を終了

  • 著者、 大麻里子
  • 役割、 ビジネス記者

中国のビデオゲーム大手ネットイースによると、「ワールド・オブ・ウォークラフト」などの人気ゲームが今夏中国に戻ってくるという。

昨年、NetEase とゲーム開発会社 Activision Blizzard は、知的財産の監督をめぐる紛争を理由に 14 年間の提携関係を解消しました。

この別れは激しい怒りを引き起こし、何百万人もの中国のインターネットユーザーがお気に入りのゲームにアクセスできなくなると不満を漏らした。

すべてのゲームは地元のパブリッシャーと、そこで運営される中国政府からのライセンスを必要とします。

前回の紛争は公開紛争に発展し、両社が互いに訴訟を起こすことになった。

「中国コミュニティが長年にわたってブリザードのゲームに示してくれた情熱に非常に感謝しています」とブリザード・エンターテインメントのジョアンナ・ファリス社長は述べた。 彼は声明でこう述べた

「私たちは卓越性と献身的なプレイヤーに世界を還元することに重点を置いています。」

中国に戻ってくる他の Blizzard ゲームには、Hearthstone、Warcraft、Overwatch、Diablo、StarCraft シリーズなどがあります。

中国は世界最大のオンラインゲーム市場であり、昨年末の国内収益は13%増の3,030億元(420億ドル、33ポンド)に達した。

NetEase は、収益において Tencent に次いで国内第 2 位のビデオゲーム会社です。

MicrosoftとNetEaseはまた、NetEaseの新しいタイトルをMicrosoftのXboxゲーム機やその他のゲームプラットフォームに導入することを検討することで合意したとも発表した。

「伝説的なブリザードのゲームを中国のプレイヤーに復活させると同時に、より多くの新しいタイトルを Xbox に提供する方法を模索することは、より多くのゲームを世界中のより多くのプレイヤーに提供するという当社の取り組みを示しています」と Microsoft Gaming の CEO、フィル スペンサーは述べています。

この儲かる分野では当局との紛争も頻繁に起きている。

中国政府は2021年に初めてゲーム分野に反対し、18歳未満のオンラインプレーヤーは金曜日、週末、祝日に1時間しかプレイできないとの判決を下した。

昨年末、当局はゲーム内購入を制限するさらなる規制を発表したが、中国は規制当局が「強迫的」ゲームとみなしたものに対抗するための厳格な規則から後退したようだ。

READ  Night in the Woods の開発者は新しいゲーム Revenant Hill を発表しました