12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USWNTワールドカップのスケジュールが決定

USWNTワールドカップのスケジュールが決定

サスペンション

来年のワールドカップ 3 連覇への道のりには、2019 年の決勝で敗れたオランダとのグループ ステージでの対戦が含まれ、2 位のスウェーデンと対戦する可能性もあります。 ラウンドオブ16で。

土曜日に開催される宝くじでは、 トップランクのアメリカ人 彼らは、オーストラリアとニュージーランドが共催するトーナメントでグループEのトップに配置されました. 7月22日にオークランドで初戦のベトナムと対戦し、7月27日にウェリントンで第8シードのオランダと、8月1日にオークランドで予選勝者と対戦する。

その最後の試合のオッズは、ポルトガル 23 位、タイ 41 位、カメルーン 58 位です。

チームプレーで20勝1敗3敗の記録を持つ米国は、ノックアウトステージで2つのグループシートのうちの1つを獲得するのに苦労することはないと予想されます. この順位が維持されれば、シドニーで行われるラウンド 16 で、グループ G で 2 番目に強いチームである 14 位のイタリアと対戦することになります。

しかし、グループで 2 位に終わったことで、アメリカは、2021 年のオリンピック グループ ステージで彼らを破った、グループ G でお気に入りのスウェーデンと対戦する可能性があります。 3 勝 1 敗で 1 引き分け。

オーストラリアの 6 つのスタジアムとニュージーランドの 4 つのスタジアムで 64 試合が開催され、8 月 20 日のシドニーでの決勝戦で最高潮に達します。

3 名を除くすべての参加者が募集されました。 オークランドで 2 月 18 ~ 23 日に開催される 10 チームによるプレーオフでは、FIFA が 1991 年に女子トーナメントを開始して以来最大の 32 チーム スタジアムが完成します。

チームは残りの場所を争っています: 台湾、タイ、カメルーン、セネガル、ハイチ、パナマ、チリ、パラグアイ、パプア ニューギニア、ポルトガル。

ワールドカップのすべての決勝戦には 7 チーム (アメリカ、ブラジル、ドイツ、日本、ナイジェリア、ノルウェー、スウェーデン) が参加し、来年は 5 チーム (モロッコ、フィリピン、アイルランド、ベトナム、ザンビア) が参加します。 2月のプレーオフ以降、新規参入者が増える可能性がある。

アメリカ人は本命選手の 1 人として決勝に進出することができましたが、彼らの仕事は短くなりました。 今月初め、彼らは 5 年半ぶりに連敗を喫し、イングランド 2 対 1、スペイン 6 位 2 対 0 で 4 位に落ちました。 11 月 10 日にフロリダ州フォートローダーデールで、11 月 13 日にニュージャージー州ハリソンで、第 3 シードのドイツとの 2 つの親善試合で準備を再開します。

ワールドカップの準備には4つの親善試合が含まれます.2月13日から22日まで国際窓口で2試合、4月3日から11日まで2試合です。 対戦相手と場所が完成していません。

カッコ内はFIFAランキング

グループAニュージーランド (22)、ノルウェー (12)、フィリピン (53)、スイス (21)。

グループbオーストラリア (13)、アイルランド (24)、ナイジェリア (45)、カナダ (7)。

グループ Cスペイン (6 位)、コスタリカ (37 位)、ザンビア (81 位)、日本 (11 位)。

グループdイングランド (4)、プレーオフ勝者、デンマーク (18)、中国 (15)。

グループE米国 (1)、ベトナム (34)、オランダ (8)、プレーオフ勝者。

F . グループフランス (5 位)、ジャマイカ (43 位)、ブラジル (9 位)、補欠勝者。

グループGスウェーデン (2 位)、南アフリカ (54 位)、イタリア (14 位)、アルゼンチン (29 位)。

グループhドイツ (3 位)、韓国 (17 位)、コロンビア (27 位)、モロッコ (76 位)。

READ  ワイルドトレードフィアラからキングスフォーゴーファーズフェイバー