12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USGC: 日本でのワークショップでは、米国のエタノールの利点が強調されています

アメリカ穀物協会 | 2022 年 11 月 10 日

10 月初旬、東京の米国大使館、米国通商代表部 (USTR)、および日本の経済産業省 (METI) は、米国のトウモロコシ エタノールの経済的および環境的利点に関する技術ワークショップを開催しました。

この非公開のワークショップは、エタノールが日本の輸送部門で取り得るさまざまな側面と道筋を明らかにするために共同で作成されました。 US Cranes Council は、Turner Mason and Company、Renewable Fuels Association、National Renewable Energy Laboratory、Argonne National Laboratory、シカゴのエネルギー資源センターにあるイリノイ大学、および POET からの専門家のプレゼンテーションを促進しました。

USGC の社長兼 CEO である Ryan LeGrand 氏は、次のように述べています。 「米国のエタノールに関連する情報を共有することは、潜在的なユーザーがバリュー チェーンの性質だけでなく、購入を決定する際の選択肢についても理解を深めるのに役立ちます。」

ワークショップ全体でカバーされる主なトピックには、世界のエタノール政策の概要が含まれます。 米国のエタノール供給と副産物。 エタノール炭素強度削減効果のライフサイクル評価; 持続可能な航空燃料 (SAF) のためのトウモロコシベースのエタノールの将来展望; 日本の自動車フリート、小売インフラ、精製設備におけるエタノールの適合性分析。

5月、バイデン大統領と岸田首相は、道路燃料とSAFを含め、2030年までに日本の国内エタノール使用量を2倍にすることを共同で約束した. 日本の平均エタノール配合率は 1.9% であり、現在日本では 3% のエタノール配合が法的に許可されており、エチル ターシャリー ブチル エーテル (ETBE) 消費の代わりにエタノールを直接配合することは、エタノール消費の改善に向けた一歩となる可能性があります。

「このワークショップは、米国政府と産業界が日本で米国のエタノールを促進するための象徴的な合同イベントです。 ワークショップでは、米国におけるトウモロコシとエタノールの生産、SAF、炭素隔離のイニシアチブに関する最近の最新情報が参加者と共有されました。

アーロン・フォースバーグ駐日米国大使館経済担当公使参事官とダニエル・ホイットニー米国農務省(USDA)の海外農業局(FAS)長官が歓迎の挨拶と閉会の辞を述べた。 USDA チーフエコノミスト Dr. Seth Meyer によるプレゼンテーション。 日本の代表団には、精製、自動車、航空、教育、研究、立法部門からの参加者が含まれていました。

日本は現在、ETBE 形式で 2 億 1,800 万ガロンのエタノールを輸入しており、これには MY21/22 マーケティング年度の米国からの 1 億 3,700 万ガロンが含まれます。 理事会は、日本の炭素削減目標を前進させ、エネルギー安全保障上の懸念に対処するために、直接エタノール混合を促進するために日本政府と引き続き協力していきます。

READ  日本の入試会場近くで女性を刺したとして男が逮捕された