2月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USGCは日本のダックワースと一緒にエタノールの可能性について話し合う

アメリカ穀物協会 | 2023 年 3 月 14 日

American Grains Council のスタッフとイリノイ州トウモロコシ マーケティング委員会の代表者は 2 月下旬に日本の東京を訪れ、イリノイ州上院議員のトミー ダックワース、日本の自動車メーカーの FAS 東京、ラーム エマニュエル駐日米国大使、経済産業省と面会しました。 2030年までにエタノール消費量を2倍にするという日本のコミットメントについて議論する。

日本へのエタノールの輸入はエチル tert-ブチル エーテル (ETBE) の形で行われ、米国は 2018 年の日本の政策の変更と米国のエタノールの低炭素特性に続いて市場アクセスを獲得しました。 評議会は、ETBE 形式の米国エタノールは、マーケティング年度 (MY) 2021/22 で合計 1 億 4,000 万ガロンであると推定しています。

「米国業界の最新および過去の研究は、日本のエネルギー政策に弾みをつけ続けています。これらの永続的な規制にエタノールを含めることは重要であり、日本に利益をもたらすだけでなく、エタノールの使用に関心のある他の国々のモデルとしても役立ちます」と述べました。 USGC のグローバル エタノール政策および経済担当マネージャーである Isabel Astle は、次のように述べています。

日本は、2023 年 4 月までにエネルギー計画を改訂する過程にあり、これにより、国の当面のエタノールの利用が決定されます。 日本の経済産業省は、国内でのエタノールの使用方法など、日本のエネルギー政策を監督しています。 米国の産業界は、3% (E3) から 10% (E10) の範囲で、エタノール混合物をガソリン供給に直接組み込むさまざまな方法について議論しました。 このポリシーは 2023 年 4 月に改訂される予定で、米国のトウモロコシ エタノールの完全な市場アクセスが可能になります。

「日本のエタノールブレンドはE2と同等と評価されていますが、E10などのより高いブレンドのエタノールを使用することは、日本が二酸化炭素(CO2)削減のすべての利点を実現するのに役立ちます。科学的に証明された低炭素燃料を使用することにより、日本は排出量を削減する取り組みを加速させますエタノールのような国は、この機会に立ち上がるだろう」「それは、政策がどこまで進むことができるかを証明するものだ」とオーステルは言った.

米国のエタノール市場へのアクセスを作成することに加えて、ミッションは持続可能な航空燃料 (SAF)、エタノールの炭素削減の利点、および米国のエタノール供給の実行可能性について議論する時間でもありました。 日本の全日本空輸 (ANA) とボーイングの代表者は、米国大使館主催のバイオ燃料パネルで、ICMB および他の業界代表者から、トウモロコシのエタノールベースの SAF を政策に組み込む方法について話を聞いた。

USGCの日本担当ディレクターであるトミー・ハマモト氏は、次のように述べています。

READ  テニスの速いヒーラーが全豪オープンに先駆けて大阪の運動恐怖を払拭