8月 15, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Tokyo Life「なんでまだ日本にいるの?」 | | 生活

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する厳格な国境規則、自然災害、扱いにくい言語と文化の壁、そして家族の責任とキャリアの機会の両方に対するこの国の脆弱性により、一部の国際市民は、国を離れる理由がさらにあると感じるかもしれません。 日本。 ここでの生活について考えてみてください。なぜここにいるのですか?

「ダイソンの掃除機のせいで、私はまだ日本にいます(笑)。私の日本人のボーイフレンドは、ダイソンの英国と日本の支店の間で働くポジションの最終面接に失敗し、英国のビザを取得するという彼の考えをキャンセルしました。彼は実際にダイソンの掃除機を捨てて、アイリスオーヤマの掃除機を買った. ここで年をとることは想像できないが、家に帰ることも想像できない. 私はここに収まることは決してないだろう.ここで. 毎日はパラドックスです. この気持ちにガイドブックはないので、どう対処すればよいかわかりません.

アメリさん(イギリス) 20代半ば~30代半ば 日本在住4年

「夫が日本人であることに加えて、健康保険のおかげでとても快適に過ごせています。 手頃な価格のヘルスケアと、大人の生活のあらゆる部分をどのように賄うことができるかを理解しなければならないアメリカに引っ越すことについて考える必要はありません.

エモリー(アメリカ) 20代半ば~30代半ば 日本在住7年

「人々がここにとどまる理由は、快適で予測しやすいからです。致命的な病気がなく、犯罪がほとんどなく、おいしい食事があり、気候が良く、衛生状態も良好です。自然災害のリスクもここではうまく管理されていると思います。言語は問題ではありません。言語も言語も問題ではありません。どれだけ日本語が上手でも、コミュニティに参加したり、考え方を共有したりすることはほとんどありません. それ以外はすべてスマートフォンで整理されています. 個人的に気になるのは、個人の自由の欠如です.

Rekaさん(ハンガリー) 40代半ば~50代半ば 日本在住3年

「私は音楽産業を勉強していますが、日本と韓国はこの点で非常に近いです。日本は世界で 2 番目に大きな音楽産業を持っており、K-pop と J-pop がたくさん混ざり合っているので、それは良い機会でした。 「残念ながら、私の国際的な同級生のほとんどはそれほど幸運ではありません。いいえ、私は他の国の学校に通わなければなりませんでした。日本は長い間、国境を学生に閉ざしてきたことで評判を落としてきました。しかし、私はここで一度多くの機会を得たことを知っています。私は卒業するので、無視しようと思います。

ジン(韓国) 20代半ば~30代半ば 日本在住5年

「私の夫はあまり英語を話せないので、カナダに引っ越すと生活にストレスがたまるでしょう。 そのために東京にいるのですが、故郷の家族のことをいつも心配しています。 どちらの責任を優先すべきですか? 夫と私たちが築き上げてきた人生、または家族のためですか?

メルさん(カナダ) 20代半ば~30代半ば 日本在住4年

「私たちは日本での生活が大好きです。この国はとても多様で、私たちは多くのことを探求し、経験してきました。子供を育てるのに安全で、楽しく、美しい場所です。ここの人々はとても歓迎してくれ、愛情があり、もちろん食べ物も大好きです」地上の天国です!」

ホリー(イギリス)、30代半ば~40代半ば、日本在住3年弱

READ  リオ、日本は国際シリーズの第2ラウンドでタイをリードしています