4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Switch用の新しく改良されたNitro Deck+が発表され、予約注文が開始されました

Switch用の新しく改良されたNitro Deck+が発表され、予約注文が開始されました

昨年のNitro Deckのリリースに続き、プレミアムブランドCRKDはこの度、「Nitro Deck」を発表しました。ニトロデッキ+– オリジナルモデルと同様にSwitch OLEDと互換性があります。 「ゼロドリフト」とは別に、この新しく改良されたモデルには、全体的なエクスペリエンスを向上させる「一連の新機能」が搭載されています。

これには、人間工学の改善 (右ジョイスティックの位置の調整を含む)、外部ドックなしで TV にドッキングできる機能、内蔵 USB-C 出力が含まれ、USB-C – HDMI アダプターが付属します。 また、「超高速起動」を可能にする 2 つの新しい「サイドキック」ボタンがあり、タブレットを取り外すための新しい「イージー イジェクト システム」もあります。

さらに、「強化された調整可能な」ガラガラ システムと Bluetooth もあり、ファームウェア アップデート用の CRKD アプリと互換性があります。 このアプリケーションは、トリガーやボタンのプログラミングに至るまでの「あらゆるカスタマイズ オプション」を提供します。 CRKD はまた、「Nitro Deck+ は、Switch がデッキに挿入されているときに、仮想有線 USB-C 接続または Bluetooth 経由でどのように接続できるか」も指摘しています。

簡単な言い換えが必要な場合は、公式 PR の好意による要点の簡単な内訳を以下に示します。

  • まったく新しいサムスティックの配置による人間工学に基づいた設計
  • ホール効果センサーによりスティックレスドリフトが可能
  • テレビ操作用の HDMI 出力 (ドッキング中にプレイする)
  • 再マップ可能な戻るボタン
  • プログラム可能なサイドキック ボタン
  • トリガー感度は調整可能
  • 低遅延応答 (USB-Cによる直接接続)
  • Bluetooth接続(アプリ経由でファームウェアをアップデートするには)
  • 交換可能なスティックトップ
  • 調整可能な振動フィードバック
  • ジャイロスコープはモーションコントロールゲームと互換性があります
  • デッドゾーンモードはありません
  • ターボモード(任意のアクションまたはトリガー ボタンにターボ機能を追加します。)
  • 中継配送機能
  • 追加のコントローラーとして使用する
  • 簡単排出システム
  • 一体型ディスプレイスタンド
  • CRKD Companion アプリケーションに接続します (リアル組立システム)

Nintendo Life でのオリジナルのニトロデッキのレビューでは、私たちはその内容にほとんど感銘を受けました。 新モデルの予約注文は、「クリアブラック」と「クリアホワイト」カラーで受付中です。 69.99ドル / 79.99ユーロ / 69.99ポンド に出荷される予定です2024年4月下旬」。

READ  15 年前、BioShock 2K は世界を席巻しました