2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Stack Infra は、日本に 36MW のデータセンター複合施設を建設中です

日本は現在 Stock Infrastructure のポートフォリオの一部であり、APAC 地域への将来の投資に対するより深いコミットメントを開始しています。 東京の印西にある Stack の 2 棟の 36MW キャンパスでは、ハイパースケール データセンターが大幅に成長しています。

東京電力が運営する地方変電所に接続されたこの施設は、急成長しているデジタル市場の 1 つで、スケーリングと冗長性を備えた重要なオンデマンド容量をハイパースケーラーや企業に提供します。

各建物には 18MW の重要な容量があり、最初のインストールでは READYStack と POWERStack の両方が提供されます。

拡張オプションにより、施設は、印西および APAC でのニーズの高まりを反映して、より高いラック密度と床荷重仕様を可能にするように設計されています。 さらに、Stack の Insai キャンパスには、個別のアクセス ポイントと適切なサービスの分離を備えた、より優れたセキュリティ システムが導入されます。

このマイルストーンは、スタックのシンガポール地域本社の開設、およびオーストラリアのメルボルン、キャンベラ、パース全体で 124 MW、韓国のソウルでの 48 MW データセンターの複数市場への拡大による APAC 市場に関する最近の発表に続くものです。 Stack は大阪に 72 MW のデータセンター複合施設を建設中で、これは今月初めに発表されました。

READYStack は、委託容量を迅速にスケーリングする簡単な方法です。 各データセンターは、柔軟性、速度、および現代の企業のニーズに合わせて設計されています。 これは、必要な容量をすぐに提供し、顧客が必要とする場所でより多くの電力を迅速にアップグレードする、RackReady のターンキー ソリューションです。 READYStack を使用すると、アプリケーション、ユーザー、およびデータの要件に応じてインフラストラクチャを簡単に拡張できます。

企業とクラウドが急速に拡大するにつれて、READYStack の義務付けられた機能が必要になります。 READYStack は、追加のデータ ストレージ、拡張されたディザスタ リカバリ、帯域幅の向上、セキュリティの強化、またはファイバーと電源への優れた近接性に最適です。 その既存の容量は、クライアントの Web サーバー、ネットワーク機器、またはその他のビジネス インフラストラクチャに対応できるため、クライアントは迅速、安全、かつ自信を持って拡張できます。

「スタックは、床積載量、天井の高さ、エネルギー密度に関する業界のベスト プラクティスに基づいてパワード シェルを設計し、市場投入までの時間を短縮し、設計と建設のリスクを排除しました。市場投入までの速度、カスタマイズされた機能、およびより速く成長する能力を手に入れることができます。インフラストラクチャ展開戦略の価値を最大化できます。彼らは最も役立つ場所にリソースを割り当て、リスクを最小限に抑えて革新できる環境を活用できます」と Stack Infrastructure は言います。

エンタープライズ市場、マネージド サービス プロバイダー、または迅速な拡張を目指すあらゆる組織にサービスを提供するクラウド向けに構築された POWERStack を利用したシェル ソリューションは、標準化されており、利用可能な市場の建物の仕様に合わせてスタックする準備ができています。

POWERStack を使用すると、セキュリティ、オフィス スペース、冷却などの重要な運用要件をクライアントが制御できるようになり、データ センターの開発にかかる膨大な設計コストがかかりません。

Stack Infrastructure は、Hyperstack と呼ばれる 3 つ目のソリューションを提供します。

「HyperStack のビルド ツー スーツ データ センターおよび基本設計ソリューションは、必要に応じて事実上無制限のスケーラビリティを提供します。ハイパースケール データ センター開発のあらゆる面での深い経験を活用して、世界を変える企業向けの柔軟で信頼性の高いデジタル インフラストラクチャを効果的に構築します」と述べています。会社。

READ  静かに成長するドイツと日本との関係 – 大使