4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

SSGA が個人情報保護ワークショップを日本に導入

SSGA が個人情報保護ワークショップを日本に導入

日本、東京 – スペシャルティ大豆・穀物アライアンス(SSGA)は、FOODEX Japan 2024 の一環として、アイデンティティ保護に関する国際サミット ワークショップを 3 月 7 日に東京で開催します。

Identity Preserved International Summit Workshop では、米国の ID 保存プロトコルとラベル付けについて詳しく説明する教育的なプレゼンテーションが行われ、翻訳や数多くのネットワーキングの機会が含まれます。 トレーサビリティをすべての中心に据え、識別情報が保護されたプロセスにより、生産、加工、流通を通じて作物と製品が分離されます。

SSGA は 2 年前に US Identity Protected プログラムを開始し、現在 15 の認定企業が「Identity Protected United States」のブランド マークを使用しています。このブランド マークは、国際的な食品会社やバイヤーによって米国の特選大豆と穀物の優れた品質が認められています。 SSGA の戦略プログラムマネージャー、シェーン・フレデリック氏は次のように述べています。 「私たちは東京に行き、アメリカ人のアイデンティティが保たれていることを伝え、これらの高級なアメリカの農作物に関しては、品質にはコストがかからず、お金がかかることを強調します。」

FOODEX は、毎年開催されるアジア最大の食品および飲料の見本市です。

SSGA理事長兼ミズーリ大豆のライセンス・マーケティング担当ディレクターのブライアン・ストバック氏は、「私たちは米国の特殊畑作物の生産者と供給者、そして海外の顧客と消費者との間で強力な関係を構築し、育んでいます」と述べた。 「アメリカ有数の商標保護協会として、SSGAは知的財産バリューチェーン全体を網羅する『フォーク・トゥ・ファーム』に焦点を当てています。」

ワークショップのプレゼンテーションには次のものが含まれます。

  • 識別情報が保護された、品種固有の畑作物、米国の企業およびサプライヤーに関する情報 (識別情報が保護された米国マークで認証された製品を含む)。
  • 米国の個人情報保護システムと保証プログラム、およびそれが品質とトレーサビリティをどのように保証するかについて説明します。
  • 小売製品のパッケージに個人情報が保護された米国のラベルを含める機会と、ブランドのメッセージを顧客に伝える方法。
  • アメリカの農家からの作物の最新情報と展望
READ  日本に氷でできたコンビニが建設中