3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

SNG & Partnersがジャパンデスクを開設

SNG & Partnersがジャパンデスクを開設

SNG & パートナー

SNG & パートナー1962年に設立されインドに本拠を置く法律事務所が、専用のジャパンデスクを正式に開設すると発表した。

同社はジャパンデスクを通じて、日印二国間関係を促進し、日本の顧客、インドへの投資や事業を検討している日本企業、日本への投資や事業を検討しているインド企業へのサービスを拡大することを目指している。

同社はジャパンデスクの一部としてコンサルタントのグループを結成した。

平松賢二元駐インド日本大使が取締役会の上級顧問を務めています。

野口奈芳もう一人の主要メンバーは、日本の国際貿易投資協会(ITI)の専務理事であり、日本貿易振興機構(ジェトロ)の元理事副総裁です。

さらに、 本多剛次郎日本、インド、スリランカ、ネパールで複数の会社を設立した著名な起業家である彼は、貴重な専門知識を取締役会にもたらしています。

渡辺芳雄以前はANZ Grindlace Bankに所属し、後にIHIインフラストラクチャシステムに所属した経験豊かな銀行家が取締役会の構成について説明した。

ジャパンデスクにはアドバイザーチームに加えて、弁護士、通訳、その他の専門家からなる専任チームがいます。

ジャパンデスクのメンバーは両国の文化的ニュアンスも深く理解しているため、コミュニケーション、関係構築、全体的な顧客体験がさらに向上します。

成長といえば、SNG & Partners のマネージングパートナー ラジェシュ・ナレン・グプタ 言った、

「私は、日本の優れた顧問チームを擁するSNG & Partnersが、フィンテック、健康、銀行・金融、サイバーセキュリティ、ESG、合併・買収、プライベート・エクイティの分野で多大な貢献ができると確信しています。当社の最近の学術会議には参加しました」 by 日本国首相 技術協会フォーラム (STS フォーラム) の年次総会に出席するための京都訪問は、素晴らしい学習経験でした。日本について 私のパートナーでありインド法曹界の日本事務所長に感謝します。 アシシュ・クマール彼はそのために精力的に働きました。

ラジェシュ・ナレン・グプタ

平松健二氏も新たな事業に興味を示し、

「SNG & Partners のおかげで、両国の企業が関与する取引における法的側面のスムーズな処理が促進されます。 これは、合併と買収、合弁事業、国際貿易などの複雑な分野で特に重要です。 最初のステップとして、私たちは日本の他の企業との新たな機会、紹介、戦略的パートナーシップへの扉を開きます。 また、両国の異なる文化的背景を持つクライアント間の文化理解、関係構築、協力の成功を促進したいと考えています。

平松賢二
READ  日本のTSMC工場は、ソニーと政府との70億ドルの合意の下で計画されています