12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Samvardhana Motherson Automotive は、日本のいちご工業のガラス事業を買収する予定です。

自動車部品メーカーの Samvardana Motherson Automotive Systems Group BV は、日本のいちご工業のミラー事業を 52 億円 (約 3 億ルピー) で完全買収したと発表した。

このグループは、ビジョン システム部門を通じて、日本のヴァレオ SE の子会社である市光工業との間で、後者のガラス事業の 100% を取得する契約を締結した、と Samvardhana Motherson Automotive Systems Group BV (SMRPBV) は声明で述べた。 .

この取引は、52億円の企業価値で実施され、負債/負債のような項目と運転資本の通常の決算調整の対象となります。

グループの日本での買収は初めて。

日本と中国では、Ichigo のガラス事業 (開発と製造) が日本の相手先商標製造会社 (OEM) に供給されており、対象事業は 158 億円の収益を上げている、と同グループは述べた。 2021年。

「この取引を通じて、マザーソンは日本と中国の 3 つの製造施設と 260 の特許を自社の IP ポートフォリオに追加します。」

Motherson Group の会長である Vivek Chand Sehgal 氏は、次のように述べています。 この買収により、マザーソンは日本での設計と製造のフットプリントを獲得し、日本の顧客とのより緊密な統合とより強い関係を可能にします。 だけでなく、グローバルなビジネス.”””””””””””””

買収の重要性についてマザーソン氏は、強力な技術的リーダーシップを持つ第 3 の自動車製造ハブとして、日本が重要なターゲット市場であると述べました。

2022 年 7 月、グループは浜松に 2 つの施設を設立しました。この買収は、地理的および顧客の多様化により成長を強化するという同社の戦略に沿った次の重要なステップであると述べています。

マザーソン氏によると、今回の買収は、トルコと中国での買収に続き、現在の 5 カ年計画におけるビジョン システム事業部門での 3 回目の買収取引になるという。

マザーソングループの高度な技術とグローバルなプレゼンスにより、いちごミラー事業は引き続き顧客の期待に応え、さらなる成長を遂げる強力な立場にあると、いちご工業の社長兼CEOであるクリストフ・ビラッテは述べています。

提案された取引は、必要なすべての条件が満たされることを条件として、6〜8か月で完了すると予想されています。

(このストーリーは DevDiscourse スタッフによって編集されたものではなく、シンジケート フィードから自動的に生成されたものです。)

READ  長澤かなえ:カリフォルニアを永遠に変えたサムライ