2月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Samsung OLED ゲーミング モニターは、より多くの形状とサイズで、最大 360 Hz の周波数で利用可能になりました

Samsung OLED ゲーミング モニターは、より多くの形状とサイズで、最大 360 Hz の周波数で利用可能になりました

サムスンが発表した 3 つの新しいゲーム画面 CES 2024 に先駆けて。49 インチのウルトラワイド曲面 Odyssey OLED G9 (G95SD)、32 インチのフラット Odyssey OLED G8 (G80SD)、および 27 インチのフラット Odyssey OLED G6 (G60SD) があります。 後者の 2 つのディスプレイは、サムスンが Odyssey のラインナップに導入した最初のフラット ディスプレイです。

私は単純なニーズを持つ単純な人間なので、理論的には Odyssey OLED G6 がこれらのモデルの中で最も興味深いと思います。 これは、率直に言って過剰な 360Hz リフレッシュ レートと、1440p の解像度と 16:9 のアスペクト比によるものです。 サムスンディスプレイはこれらのデバイスの量産開始を発表した 先月の超高速OLEDパネル、そして彼のような人たち デール そして MSI 彼らは今後のスクリーンでもそれを利用しているようです。

Odyssey OLED G6 は 360Hz のリフレッシュ レートを備えています。
画像: サムスン

OLED ディスプレイの 240Hz と 360Hz のリフレッシュ レートの違いを本当に認識できると思いますか? もちろんいいえ。 しかし、その数が多いほど、私の心の殻は温かくなります。

次にラインナップされるのは、アスペクト比 16:9、リフレッシュ レート 240Hz の 32 インチ フラット 4K ディスプレイ、Odyssey OLED G8 です。 次に、Odyssey OLED G9 は、240Hz でリフレッシュする 49 インチの曲面ディスプレイで、アスペクト比は 32:9、解像度は 5120 x 1440 です。サムスンが以前ディスプレイで提供していたような 32 インチ 1440p のオプションはありません。 オデッセイ G7

Odyssey OLED G9 のディスプレイは大画面です。
画像: サムスン

どちらのハイエンド ディスプレイにも、ビデオ ストリーミング サービスにアクセスするための内蔵スマート TV ドック、クラウド ゲーム サービスにアクセスできるゲーム ハブ、互換性のある IoT 制御用の SmartThings ハブなど、多数の Samsung スマート機能が搭載されています。 デバイス。 サムスンによれば、互換性のあるサムスンのラップトップ、タブレット、携帯電話間でディスプレイがテキストや画像を転送できるようにする機能であるマルチコントロールもあります。

3 つのディスプレイはすべて、少なくとも 400 nit のピーク輝度について VESA DisplayHDR True Black 400 認定を受けており、AMD FreeSync Premium Pro をサポートしています。 それぞれに HDMI 2.1 ポートが 2 つ、DisplayPort 1.4 ポートが 1 つ搭載されており、USB ハブが内蔵されています。 価格や正確な発売日はまだ確認されていないが、これまでのサムスン製モニターの発売スケジュールに基づいて、今年後半に購入可能になると予想されている。

READ  iPhone 14 Pro で Dynamic Island がどのように機能するかを見てみましょう