9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

S.日本の化粧品メーカー韓国との闘いの真っ只中。 韓国を離れる

この2021年6月6日のファイル写真は、東京にあるDHC株式会社の本社を示しています。 (京都)

ソウル(京都)-在日コリアン差別で批判されている日本の大手化粧品メーカーDHCコーポレーションは木曜日、韓国市場から撤退すると発表した。

昨年11月に最高経営責任者が日本のウェブサイトで通信社を攻撃して以来、同社は火事になっていると彼は語った。

同社は韓国支社のウェブサイトで、同国での事業を閉鎖し、今月中旬までにオンラインでの製品販売を停止することを決定したと語った。

韓国では、プロデューサーの吉田嘉明最高経営責任者が韓国人を蔑称で呼んだ後、DHC製品のボイコットが広がり、デパートは販売を停止しました。「DHCは私たちが使用するテレビパーソナリティを含む日本企業です。 「」

5月、DHCは韓国と日本での厳しい批判の中で、日本のウェブサイトから吉田のメッセージを削除しました。

メイクアップメーカーは2002年に韓国市場に参入しました。

READ  日本南西部の九州広島日本京都大雨は東京で洪水と地滑りを引き起こします