5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Nvidiaのジェンセン・ファン氏、日本は独自のAIを開発すべきだと語る

Nvidiaのジェンセン・ファン氏、日本は独自のAIを開発すべきだと語る

Nvidiaのジェンセン・ファン最高経営責任者(CEO)は、日本は技術を輸入するのではなく、独自の人工知能を開発して、日本独自の言語とデータをより有効活用すべきだと述べた。

各国が独自の「主権AI」を開発する中、米国の半導体企業はアジアにチャンスを見出している

「日本のデータは非常に特殊で、言語も文化も非常に特殊であり、別の第三者がそのデータを収集してAIを作成し、それを日本に輸入する理由はない」とフアン氏は述べた。 3月19日にカリフォルニア州サンノゼで開催されたNvidiaのGTCカンファレンスでの記者会見。

「自分で作らなければなりません」と彼は言いました。

また、日本の高齢化社会により、日本は生産性の重要性に対する意識が高まっており、AIは「生産性を向上させるために私たちが知っている最良の方法」であるとフアン氏は述べ、これにより日本は独自のAI開発への投資をさらに促進する可能性があると述べた。

「私は今、日本のエネルギーに本当に刺激を受けています」と彼は語った。

日本は生成AIの開発を目指す 科学的発見を加速する 医薬品や製品においては、 日経新聞 昨年の夏に発表され、最近では政府の Generative AI Accelerator Challenge がスタートアップ企業に成果をもたらすことを目的としています。 AI リソースへのアクセスの向上

アジアで独自のAI開発に投資しているのは日本だけではない。

インドは3月、コンピューターインフラストラクチャの構築と大規模な言語モデルの構築を支援するため、1,030億ルピー(12億5,000万米ドル)の政府投資計画を承認した。 これには、今後 18 ~ 24 か月間で 10,000 台のグラフィックス プロセッシング ユニット (GPU) を購入する計画が含まれています。

「インドが AI 用の GPU を購入するのであれば…NVIDIA は非常に興味を持っています。 私たちは営業しています」とファン氏は3月19日に語った。

この記事が最初に表示されました ニッキ・アジア。 36Kr と日経新聞社との継続的なパートナーシップの一環として、ここに再掲載されます。

READ  アダストリア:FOREVER21が2023年春に日本に帰ってくる! Adastra Japan が拡張パートナーとして契約を締結