12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NHK杯:日本、ロシアのフィギュアスケート選手が舞台を支配

国際スケート連盟(ISU)のNHK杯は土曜日に東京で終了し、男子シングルスと女子シングルスのタイトルはそれぞれ日本の宇野昌磨と坂本花織に贈られました。 ロシアのペア、アナスタシヤ・ミシナ/アレクサンダー・カリアモフが大会の金メダルを獲得しました。

2018年平壌冬季オリンピックで2位に終わった宇野は、1週間前に予期せぬ足の怪我のためにイベントを去らなければならなかった羽生ゆるが不在だったため、彼自身のタイトルとISUグランプリの場所を獲得しましたトレーニング。 BRICSファイナルは12月中旬に大阪で開催されます。

23歳の宇野は187.57ポイントと290.15ポイントのフリースケートでイベントを終えた。

アメリカのヴィンセント・チョが銀メダルを260.69ポイントで獲得し、韓国のチャ・ジュンファンが銅メダルを259.60ポイントで獲得した。

女子側では、坂本花織がシングルスのタイトルを守り、146.78ポイント、合計223.34で、今シーズン最高のフリースケーティングスコアを獲得しました。

チームメイトの河辺愛菜が銀メダルを獲得し、韓国のヨー・ウォンが銅メダルを獲得しました。

ペアは、フリースケーティングで148.88ポイント、合計227.28ポイントで、キャリアの2回目のグランプリを目指してスケートをしたロシアの世界チャンピオンのアナスタシヤミシナ/アレクサンダークリアモフでタイトルを獲得しました。

チームメイトのエフゲーニヤ・タラソワ/ウラジミール・モロゾフが2位、日本の三浦璃/木原竜智が銅メダルを獲得しました。

ロシアのフィギュアスケート選手もアイスダンスのステージで1位を獲得しました。 ゴールド、シルバー、ブロンズはビクトリアシニツィーナ/ニキータカッツラポフ、アメリカのマディソンザック/エヴァンベイツ、イギリスのリラフィア/ルイギブソンに行きました。

NHK杯はISUグランプリシリーズの第4戦です。 次のイベントは、フランスのグルノーブルで11月19〜21日に予定されています。

(新華社通信からの入力による)

READ  日本の自動販売機が田舎にバキュームビーフを届けます