8月 16, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NCAAがプレーヤーに複数回の転送を許可すると、転送ポータルはさらに残酷になります

NCAAがプレーヤーに複数回の転送を許可すると、転送ポータルはさらに残酷になります

この発表は、「This Means More」というスローガンが新しい意味を帯びたため、証券取引委員会のメディア時代に行われました。

テネシー州のジョシュハッブルコーチは、木曜日の最初のヒアリングの後、NCAAはアスリートが無制限の回数しか移動できないと述べ、「それに驚いた?それは完全に驚いた」と語った。 「それは転送ウィンドウの狂気を増すだけだと思います。」

これは、NCAAの発表に対する最初の反応でした。 第1部評議会は、選手の移籍制限を数回廃止することを勧告した。。 NCAA理事会は、8月3日に勧告を承認する予定です。

このニュースは、1回限りの転送に関する新しい緩和されたNCAAルールの1年後まで届きません。

おもしろい事実:世界はまだ終わっていません。 アスリートは、暇なときに動き回れる学生のように見えます。 コーチも変更されました。 今後2年間、トライアルベースで、プログラムは、奨学金の年間制限である85人のプレーヤーを超えない限り、署名期間中に無制限の数のプレーヤーに署名することができます。

それはすべて、NCAAの規制緩和の遅い実施に注目したものでした。 ビッグブラザーは、将来、そのような問題に関与することは少なくなりますが、それ以上ではありません。 しかし、コーチが1回限りの移行ルールに問題があると考えた場合、天候はアスタリスクを付けて、ステロイドで荒れ狂うようになりました。

学業上の要件があるため、学部生として複数回転校することは困難です。 入金は、5年間の資格のために確保された財政援助でなければなりません。

評議会のプロセスに関与した情報筋は、「1回、おそらく2回の転送は非常に管理しやすいだろう」と述べた。 「複数の転送に入ると、それはより困難になり、より困難になります。」

転校大学院生は現在、2回の免除なしで許可されている最大数の転校を行うことができます。 制限を解除すると、最初はコーチの頭が回転しました。 はい、少なくともアスリートが4つの異なる学校で4つの異なる年にプレーすることは可能です。

「子供は何度でも行くことができ、卒業する必要はありませんか?うわー」とテキサスA&MのジンボフィッシャーコーチはCBSスポーツに語った。 「これはプレイヤーのオープンな募集にすぎません。 [by other schools]。 誰でも募集できます [them]。 とにかく、それは彼らがプロキシを使ってサードパーティと行うことです。 エージェントがやって来て、「ここでもっとお得になります」と言います。 「」

法律は予想され、驚くべきものでした。 アマチュアスリップに対するNCAAのグリップを見た管理者はショックを受けませんでした。 私たちは、NCAAからプロのモデルへの容赦ないゆっくりとした動きをリアルタイムで見ています。 最新の例:金曜日に、CBSSportsは次のように報告しました ビッグテンは、プレーヤーがメディアの権利から収益の一部を受け取るようにという要求を受け取りました

オハイオ州立大学の教授であり、プレーヤーの権利を擁護しているデビッド・レッドパスは、次のように述べています。 「結局のところ、NCAAが座ってアスリートと集合的に制限について交渉するまでは、彼らの権利です。今のところ、他に方法はありません。」

来月、NCAAの変革委員会は、会議や部門が独自のルールのいくつかを設定できるようにする動きを発表する予定です。 ビッグテンとSECが大学フットボールのお金、権力、影響力、そしてチャンピオンシップを独占するという懸念はすでにあります-少なくとも。

昨年、1回限りの移籍規則を実施した後、コーチはフリーエージェントが始まったと叫んだ。 プレーヤーは、大学生として1回、卒業生として1回、キャリアの2回移行できます。 何人かのコーチがCBSSportsの新入社員と名簿上の現在のプレーヤーが、NILの最良の取引を探していると語ったため、NILは混乱を助長しました。

「ペナルティなしで移籍できると言うのは惨事だろう…」と、いくつかの有名な免除要求事件に取り組んできた弁護士のトム・マーズは言った。 「私は大学のアスリートの権利について非常に強力なリーダーであったので、彼らがそこまで行くとは思っていませんでした。」

ちょうど今週、NCAAは、ゲートと1回限りの転送ベースの周りで発生したシーンを記録しました。 複数回の転校を希望した学部生は、酌量すべき事情を理由に免除を求めてNCAAに申請しただけでした。 あまりにも頻繁に、NCAAは、最終的には訴訟に直面したくないことを知って、これらの譲歩を認めました。

「通常、2回目の転送 [granted] とにかくその理由だけで、レッドパスは言った。 「教育機関、会議、NCAAのいずれのレベルでも、学術的要件を満たすために2回移籍することは困難です。しかし、それは不可能ではありません。誰でもできると考えられます。 [transfer as many times as he/she wanted]。 「」

火星は本質的に、4年前にオレミスとNCAAの弁護士がクリーナーに連れて行って、反乱軍のクォーターバックであるシェイパターソンからミシガンに移る免除を得たときにその気候を作り出しました。

2019年、火星は、圧倒的な需要のために免除要求のケースの受け入れを断念したと発表しました。

「コーチがそれを乱用しているので、居住法は一年間変更されるべきだった」とマーズは言った。 「しかし、歴史家がこれを見るとき、NCAAが必要なときにNILに対処していれば、彼らは追い詰められなかっただろう…

「多分これはNCAAの終わりを告げる」と彼は付け加えた。

READ  House Panelは、チーフオーナーのDan Snyderが有毒な職場を後援し、被告を対象に「影の調査を実施」したと主張している