5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NCAAがブーストされたNIL参加を取り締まる準備をしているとき、スポーツ弁護士とエージェントは「それを持ってきてください」と言います

NCAAがブーストされたNIL参加を取り締まる準備をしているとき、スポーツ弁護士とエージェントは「それを持ってきてください」と言います

アリゾナ州スコッツデール。 先週の大規模な春の会議、12、12、および12からのニュースは、地上の新入社員へのNIL支払いを使用して、学校のブースターを取り締まる差し迫ったNCAAの試みでした。 の小委員会によって作成された新しくより明確なガイドライン オハイオ州 アスレチックディレクターのジーン・スミスとビッグイーストコミッショナーのヴァル・アッカーマンは、NCAAの執行部に行動を起こすよう促すと期待されている、と情報筋は語った。 アスリート。 スミス氏は今週末のインタビューで、新しい勧告が月曜日に理事会の第1部によって承認されることを望んでいると述べた。

ユタ州に本拠を置くOncoorAthleteMarketingが約80人の大学アスリートを代表するアスリートエージェントのRussellSmithは、「NCAAが何かを取り締まるかのように行動しているのは素晴らしいことだと思います」と反応しました。

週末に当局者にとって重要な種類のNIL取引に関与するプロモーター、弁護士、エージェントとの会話では、NCAAが新興の「テーブルを超えた」ペイツープレイ市場を抑制する能力を持っていると信じている人はほとんどいません。 去年の夏、まだ最高裁判所のブレット・カバノー判事の意見 NCAA対アルストン 独占禁止法の決定 「NCAAのビジネスモデルは、アメリカの他のほとんどの業界では明らかに違法だろう」と警告した。 法的拘束力はありませんが、NCAAのより広範なアマチュアモデルに異議を唱える将来の訴訟を求めています。

到着したサッカー新入社員の多くを代表するマイク・カスピノ弁護士は、次のように述べています。 6と 7つの数字 学校の補強グループを処理します。 「彼らは、ゼロライトアスリート市場に参加できない(強化された)人々のクラス全体がいると言います。それは、赤毛の人々が肉を買うことができないと言うようなものかもしれません。これは独占禁止法です。」

去年の夏のアルストンの判決の傷跡は、NCAAが詳細なセットをキャンセルすることにつながりました 「保護バリア」はありません 彼女は2年以上ビジネスを続けており、代わりにBareBonesをリリースしました。 一時的なポリシー 2021年7月1日に発効する、同等のものがないさまざまな州法の発効前。唯一の特定の警告言語は、メンバーに「参加することを選択することに関連するペイ・トゥ・プレイおよび不適切な誘惑を避ける」ことを思い出させました。特定の学校。」

10か月と数十の学校固有のグループの後、小委員会は、現在のサポートルールにそのようなグループが含まれていることを明確にすることを強いられたと感じました-そしてそれらは実行されるべきです。

「私たちは、「あなたは何を知っていますか?」と言うビジネス上の決定を下さなければなりませんでした」とジェーン・スミスは言いました。 アスリート。 「私たちがとる状況にはリスクがあります。このようなことは常にあります。私たちは訴えられる可能性があります。しかし、私たちが奉仕するすべての学生アスリートの向上のために、私たちはリスクを冒さなければなりません。 」

オハイオ州ADは、犯罪が発生してから数年後に事件が裁定されないように、これらの種類の違反に対する不正行為のプロセスをスピードアップしたいと述べた。 彼は、過去10か月間、ブースターと新入社員との接触に対して学校が遡及的に罰せられるかどうかはわかりませんでしたが、将来の規則違反に対する罰則は、学校から問題のあるプロモーターを解雇することから、制度的管理の欠如までさまざまである可​​能性があると述べました。の間に。

NIL小委員会の4人のメンバーは、理事会が、アスリートの登録前の過去10か月に署名された取引を執行チームが検討するかどうかを決定するエンティティになることを期待していると述べました。

いくつかの情報筋によると、NCAAのジョンダンカン副大統領は以前、違反が発生したことを証明するためにアスリート、学校、ブースターを追いかける前に、会員からのより明確な指導を待っていると当局に語った。 これは、NILが発効するずっと前にブースターと新入社員との接触がNCAA規則に違反していたため、NCAA法執行要員がすぐに争いに飛び込むことを期待していた一部の高官を苛立たせました。 新しいNILガイドラインは、強化された雇用エンゲージメントを禁止するルールの施行を開始するための青信号として機能する必要があります。

「グループを除いて、起こったすべてのことを期待していました」と、最終的に廃止された法案を起草した前のワーキンググループのスミスと共同議長を務めた現在のナイルディール小委員会のメンバーであるアッカーマンは言いました。 「私たちは、ドナーのグループが集まって、場合によってはランダムに使うかもしれないお金のプールを作ることを想定していませんでした。これは私たちが期待したことではありません。

「これは、贈与者による集合的管理が贈与者の意味の範囲内にあることを明確にするための努力です。」

先月、彼のLifeWallet会社が達成したことを公然と発表したマイアミのメガバッカーJohn Ruiz $800,000は何も取引しません 男子バスケットボールの移籍については、彼のすべての取引はマイアミコンプライアンス部門によって承認されており、NCAAの挑戦に耐えることができると彼は言います。 彼はまた、彼のような会社と候補地との間の話し合いのために学校を遡及的に制裁しようとすることは、「道路に制限速度を掲示しず、スピード違反のために運転手にチケットを発行することと同等である」と信じています。

「最大の問題は、学校が[NILに]参加できなければならないことです」とルイスは言いました。 「学校の一員として、あなたが本当にコントロールできない人々の行動に対してどのように罰せられることができますか?」

マイアミのアスリートがLifeWalletのプロモーション活動に参加することを取引で要求しているルイスは、大学のグループがNCAAによって精査される可能性が高いことを繰り返し示唆しています。 多くのグループグループ契約なし アスリート 以前にレビューした アスリートが支払いの見返りに提供しなければならないサービスに関する特定の条件が欠けています。

しかし、彼らはまた、アスリートが特定の学校に通うことを要求する特定の言語を持っていません。

大学の学校の情報筋は、ドナーがキャンパスに到着する前に新入社員と直接接触することはないため、NCAAの立場は彼らのグループに影響を与えるべきではないと述べました。 潜在的なドル数は、仲介者を通じて伝達することができます。 Caspinoは、主に営利LLCまたは501(c)(3)非営利法人として結成されたグループの弁護士を扱っていると述べました。

逆に、創設者が元エージェントを共同設立したテネシーのプライベートグループであるSpyre Sportsは、 新入社員との訪問 プロセス中に、NCAAのプロモーションルールに直接違反しているように見えます。

しかし、ルアーの採用をめぐる不正行為という一見オープンでシャットな問題でさえ、最初はより広範な法的課題と衝突する可能性があります。 独占禁止法の弁護士が、アスリートのゼロ補償を制限する試みとして、ブースター支払いに潜在的な罰則を課すことは間違いありません。

「彼らが[強化者]を追いかけた場合、それはまさに彼らがすることだ」とラッセル・スミスは言った。 「彼らは補償を制限します。これはこのすべての核心です。NCAAはもはや子供の補償を制限することを許可されていません。」

ガイドラインがどうであれ、NCAAがグループとアスリートの間ですでに達成されている合意を終わらせようとすることは想像しがたいことです。 以前は、サポーターからお金を受け取ったアスリートは失格でした。 NCAAは、アルストンの後にそのようなことで非難される可能性があります。

代わりに、調査員は、登録する前にアスリートと接触したことがあるかどうかを確認するためにアスリートにインタビューする可能性があります。 もしそうなら、学校とこれらのプロモーターは理論的には罰せられる可能性があります。

「当初から、ブースターが採用プロセスに関与しないことがNCAAにとって重要であり、10か月間、これは無視されていました」とNIL業界筋は述べています。 おそらくもう見落とされることはないでしょう。 しかし、誰かがそのための模範を示す必要があるでしょう。」

アスリートDavid Oppen、Manny Navarro、およびAndyStaplesがこのレポートに貢献しました。

(写真:ゲッティイメージズ経由のジャスティンタフォヤ/ NCAA写真)

READ  アンドノフスキーは4月にウズベキスタンとの親善試合で23人のチームを指名