5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NBAプレーオフ:キャバリアーズがボストンでの第2戦で118-94の圧勝でセルティックスを圧倒

NBAプレーオフ:キャバリアーズがボストンでの第2戦で118-94の圧勝でセルティックスを圧倒

クリーブランド・キャバリアーズは、イースタン・カンファレンス・シリーズ第2ラウンドの第2戦でボストン・セルティックスとTDガーデンの観衆を118対94で勝利させ、ついにNBAプレーオフ初のロードゲームに勝利した。 このシリーズは土曜日にクリーブランドで行われる第3戦で1勝1敗の引き分けとなっている。

当初は、ドノバン・ミッチェルが得点の大部分を獲得しなくても、キャバリアーズがプレーオフゲームに勝つかもしれないと思われていた。 クリーブランドのプレーオフ直近3試合で平均39得点を記録していたミッチェルは、前半でわずか6得点しか取れなかった。 しかし、彼は後半に交代し、第3Qで16得点、試合では29得点を記録した。

クリーブランドは後半を圧倒し、セルティックスを64対40で破った。 試合残り5分近くになったところで、ボストンのジョー・マッツォーラ監督が失点し、ホームファンが出口に向かう中、スタジアムの座席のほとんどを埋め尽くした。

キャバリアーズは第1クォーターで9点ビハインドを負ったが、ベンチから出場したエバン・モブレーの11得点とカリス・ルバートの6アシストにより11対0のランで猛反撃した。 クォーター終了時点ではクリーブランドが 30 対 24 でリードしており、ボストンのファンは安堵した。

ミッチェルとダリアス・ガーランドがシュートを打たなかった一方で、モブリーとルバートが落ち着いたため、ボストンは第2Qに反撃した。 ジェイソン・テイタムはフィールドゴール10本中3本を成功させたものの、前半で16得点、6リバウンド、4アシストを記録し、全得点者トップとなった。 アル・ホーフォードの11得点(3ポイントシュート5本中4本成功と合わせて)の活躍でセルティックスが19対3とリードし、ハーフタイムスコアを54対54で同点とした。

モブリーはファウルで得点が遅れたが、21得点、10リバウンド、5アシストを記録した。 ミッチェルとガーランドがウォームアップに努める間、ルバートが後押しし、21得点6リバウンドを加えた。 ガーランドが14得点、アイザック・オコロとマックス・ストラスがそれぞれ12得点をマークした。

テイタムはセルティックスで合計25得点を記録したが、フィールドゴールは17本中7本だった。 ボストンのラインナップでこれより優れたシュートを打った選手は他にいなかった。 デリック・ホワイトはシュート11本中3本成功(うち3本中8本成功を含む)で10得点を記録した。 ジェイレン・ブラウンは、15本中7本成功で19得点を記録し、最高のシュートを見せた。

プレイオフではアウトサイドシュートがキャバリアーズの課題となっていたが、第3戦では3ポイントシュートで突破口を見せた。 クリーブランドは、ミッチェルの7本中5本成功を筆頭に、ガーランドが3ポイントシュートを4本成功させ、モブリーがさらに2得点を加えた。とオコロがそれぞれ1点を獲得しました。

一方、木曜日の夜、セルティックスは攻撃に苦戦した。 ボストンは3ポイントシュート成功率23%、35本中8本成功した。ホワイトが8本中1本成功したほか、ブラウンは6本中0本、ジュルー・ホリデーは2本中0本とポストシーズンで奮闘を続けた。

ジャレット・アレンは右肋骨挫傷でキャバリアーズとのプレーオフ5試合連続欠場、クリスタプス・ポルジンギスはふくらはぎの負傷でセルティックスの過去2試合を欠場している。

セルティックス対キャバリアーズの第3戦は土曜日にクリーブランドで予定されている。 ABCでテレビ放送される東部時間午後8時30分にティップオフ。

READ  世界選手権: フランバー バルデス & アストロズ イーブン シリーズ 2 勝