2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NATOの新加盟国フィンランド、ここ数十年で最も右派とされる政府に就任

NATOの新加盟国フィンランド、ここ数十年で最も右派とされる政府に就任

フィンランドは、北欧国家の現代史の中で最も右翼政権とみられる新たな連立政権を樹立することを宣誓した。

ヘルシンキ — 最近NATOの31番目の加盟国となったフィンランドは火曜日、北欧諸国の最近の歴史の中で最も右翼とみなされている新たな連立政権の発足を宣誓した。

フィンランド議員が閣僚の顔ぶれを承認した後、サウリ・ニーニスト大統領は、保守派国民連合党首ペッテリ・ウルブ首相を首班とする19名の内閣を任命した。

連立政権のジュニア・パートナーはキリスト教民主党とフィンランド・スウェーデン人民党の2社である。 2つの主要なパートナー政党の優位性のため、ウルブ政権はフィンランドのメディアによって本質的に「愛国的保守的」であると評されている。

4党は定数200の議会で過半数の108議席を握っている。 政治アナリストらは、新内閣は第二次世界大戦後、フィンランドで最も右派の政府であると述べた。

フィンランド経済は4月の選挙の中心争点だった。 保守系候補者らは選挙運動中、サンナ・マリン元首相の中道左派内閣が過剰な支出を行い、高額な国家債務やその他の経済問題を引き起こしていると非難した。

マリン氏の個人的な人気と高い国際的地位にもかかわらず、有権者は彼女の社会民主党から、政治的右派の政党に忠誠を移した。 社会民主党はこの選挙で国民連合党とフィンランド人党に次いで3位となった。

53歳のベテラン政治家で元財務・内務大臣のウルブ氏は、2016年からフィンランドの主要保守政党である国民会議派の党首を務めている。

党の他の主要閣僚には、エリナ・ヴァルトネン外務大臣とNCP副党首であるアンティ・ハッキネン国防大臣が含まれる。

フィンランドが4月にNATOに加盟して以来、ハッケネン氏の立場は特に重要だ。 人口550万人のこの国はロシアと長い国境を接しており、軍事システムとインフラを同盟に統合しようと取り組んでいる。

ハッカネン氏は、新政府がウクライナに対するフィンランドの態度を変えることはないと保証した。

同氏は新内閣の最初の記者会見の傍らでAP通信に対し、「フィンランドのウクライナに対する支持は今後も非常に強いだろう。この政策に変更はない」と語った。

主に国家主義的で反移民の政策を追求するポピュリストのフィンランド党は、いくつかの重要な閣僚ポストを確保している。 党首リッカ・ピョラが新政府の財務大臣に任命され、他の党員もフィンランド内務省と法務省を率いるよう任命された。

ウクライナに対するフィンランドの戦略は変わらないかもしれないが、ユーロポール内閣は今後4年間に予算削減と同様に大規模な社会・労働政策改革を実施すると予想されている。

READ  ロシア・ウクライナ戦争を垣間見る:侵略の308日目に私たちが知っていることウクライナ