11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA は、火星で歴史を作った探査機インサイトに「さようなら」を言う準備をしています

この画像は、比較のために、最初と最後のインサイトのセルフィーを交互に表示しています。 ロボット アームのカメラを使用して、NASA の InSight プローブは、2018 年 12 月 6 日 (火星に着陸してからわずか 10 日後) と 2022 年 4 月 24 日にこれらの自撮り写真を撮影しました。最後の画像。 クレジット: NASA/JPL-Caltech

InSight 宇宙船への電力供給が減少し続けているため、ミッションの完了に何が必要かを詳しく見てみましょう。

終わりに近い[{” attribute=””>NASA’s Mars InSight lander. The day is fast approaching when the spacecraft will fall silent, ending its history-making mission to reveal secrets of the Red Planet’s interior. Since the spacecraft’s power generation continues to decline as windblown dust on its solar panels thickens, the engineering team has already taken steps to continue as long as possible with what power remains. Despite these efforts, it won’t be long now, as the end is expected to come in the next few weeks.

Although InSight’s tightknit 25-to-30-member operations team – a small group compared to other Mars missions – continues to squeeze the most they can out of InSight, they’ve also begun taking steps to wind down the mission.

Here’s a glimpse of what that looks like.

InSight First Selfie Mars

This is NASA InSight’s first full selfie on Mars. It displays the lander’s solar panels and deck. On top of the deck are its science instruments, weather sensor booms, and UHF antenna. The selfie was taken on December 6, 2018 (Sol 10). Credit: NASA/JPL-Caltech

Preserving Data

With InSight (short for Interior Exploration using Seismic Investigations, Geodesy and Heat Transport), the most important of the final steps of the mission is storing its trove of data and making it accessible to researchers around the world. Already, the data from the lander has yielded details about Mars’ interior layers, its liquid core, the surprisingly variable remnants beneath the surface of its mostly extinct magnetic field, weather on this part of Mars, and lots of quake activity. More insights are sure to follow, as scientists continue to sift through the data.

InSight’s seismometer, provided by France’s Centre National d’Études Spatiales (CNES), has detected more than 1,300 marsquakes since the lander touched down in November 2018. The largest quake it detected measured a magnitude 5. It even recorded quakes from meteoroid impacts. Observing how the seismic waves from those quakes change as they travel through the planet offers an invaluable glimpse into Mars’ interior. Beyond that, these observations also provide a better understanding of how all rocky worlds form, including Earth and its Moon.

NASA InSight's Final Selfie

NASA’s InSight Mars lander took this final selfie on April 24, 2022, the 1,211th Martian day, or sol, of the mission. The lander is covered with far more dust than it was in its first selfie, taken in December 2018, not long after landing. Credit: NASA/JPL-Caltech

“Finally, we can see Mars as a planet with layers, with different thicknesses, compositions,” said Bruce Banerdt of NASA’s Jet Propulsion Laboratory (JPL) in Southern California, the mission’s principal investigator. “We’re starting to really tease out the details. Now it’s not just this enigma; it’s actually a living, breathing planet.”

The seismometer readings will join the only other set of extraterrestrial seismic data, from the Apollo lunar missions, in NASA’s Planetary Data System. They will also go into an international archive run by the Incorporated Research Institutions for Seismology, which houses “all the terrestrial seismic network data locations,” said JPL’s Sue Smrekar, InSight’s deputy principal investigator. “Now, we also have one on Mars.”

Smrekar said the data is expected to continue yielding discoveries for decades.

Rocket NASA InSight Lander Launch

The rocket that launched NASA’s InSight lander to Mars in 2018 is seen at Vandenberg Air Force Base, now called Vandenberg Space Force Base. Credit: NASA/JPL-Caltech/Charles Babir

Managing Power

Earlier this summer, the lander had so little power remaining that the mission turned off all of InSight’s other science instruments in order to keep the seismometer running. They even turned off the fault protection system that would otherwise automatically shut down the seismometer if the system detects that the lander’s power generation is dangerously low.

“We were down to less than 20% of the original generating capacity,” said Banerdt. “That means we can’t afford to run the instruments around the clock.”

Recently, after a regional dust storm added to the lander’s dust-covered solar panels, the team decided to turn off the seismometer altogether in order to save power. Now that the storm is over, the seismometer is collecting data again. However, the mission expects the lander only has enough power for a few more weeks.

Of the seismometer’s array of sensors, only the most sensitive were still operating, said Liz Barrett, who leads science and instrument operations for the team at JPL, adding, “We’re pushing it to the very end.”

ツインパック

チームのサイレント メンバーは、JPL の InSight のフルサイズ エンジニアリング モデルである ForeSight です。 オンサイト ツール ラボ. エンジニアは ForeSight を使用して、InSight がローバーのロボット アームを使用して火星の表面に科学機器を配置する方法を練習しました。 テスト手法 プローブ温度プローブを入れるには 火星のねばねばした土、メソッドの開発 ノイズ減少 地震計で拾った。

Forsightは収納ボックスに入れられます。 「私たちはそれを愛情のこもったケアで満たします」とバネルトは言いました。 「彼女は素晴らしいツールであり、このミッション全体で私たちにとって素晴らしい仲間でした.」

JPL Engineers Foresight Insight レプリカ

ジェット推進研究所のテスト スペースで、エンジニアは ForeSight を使用して InSight 機器を展開するためのトレーニングを行っています。ForeSight は、ミッションの完了後に動員される着陸船の実物大のレプリカです。 多くのエンジニアは、火星に現れる太陽光を模倣した明るい黄色の光を遮るためにサングラスを着用しています。 クレジット: NASA/JPL-Caltech/IPGP

ミッション終了のお知らせ

InSight が火星を周回する宇宙船との 2 回連続のコンタクト セッションに失敗した場合、 火星中継ネットワークNASAはミッションの終了を発表します。 ただし、このルールは、接続損失の原因がプローブ自体にある場合にのみ適用されると、JPL のネットワーク管理者 Roy Gladden 氏は述べています。 それで、 NASA の深宇宙ネットワーク 念のため、彼はしばらく聞き続けます。

ただし、InSight と再接続するための英雄的な行動はありません。 強風がパネルをきれいに吹き飛ばすなどのミッション保存イベントは不可能ではありませんが、まったくありそうにないと考えられています。

それまでの間、InSight が連絡を取り合っている限り、チームは引き続きデータを収集します。 「可能な限り科学的な測定を続けます」と Banerdt 氏は述べています。 「私たちは火星に翻弄されています。火星の天気は雨や雪ではありません。火星の天気はほこりと風です。」

ミッションの詳細

NASA のジェット推進研究所 (JPL) は、NASA 科学ミッション総局の InSight プログラムを管理しています。 InSight は、NASA のディスカバリー プログラムの一部であり、アラバマ州ハンツビルにある NASA のマーシャル宇宙飛行センターによって管理されています。 デンバーのロッキード マーティン スペースは、巡航ステージと着陸船を含むインサイト宇宙船を製造し、ミッションの宇宙船操作をサポートしています。

フランス国立宇宙研究センター (CNES) やドイツ航空宇宙センター (DLR) を含む多くのヨーロッパのパートナーが、InSight ミッションを支援しています。 国立宇宙研究センターは、IPGP (Institut de Physiques d’Institut d’Institut d’Institut d’Institut d’Institut d’Institut du Physiqueパリの世界)。 共通環境情報システムへの多大な貢献は、IPGP からもたらされました。 ドイツのマックス プランク太陽系研究所 (MPS)。 スイスのスイス連邦工科大学 (ETH チューリッヒ)。[{” attribute=””>Imperial College London and Oxford University in the United Kingdom; and JPL. DLR provided the Heat Flow and Physical Properties Package (HP3) instrument, with significant contributions from the Space Research Center (CBK) of the Polish Academy of Sciences and Astronika in Poland. Spain’s Centro de Astrobiología (CAB) supplied the temperature and wind sensors, and the Italian Space Agency (ASI) supplied a passive laser retroreflector.

READ  グランドキャニオンの20倍の幅の火星のマリネリス峡谷が見事な新しい写真で見られます