12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA の公式: 宇宙飛行士は 2030 年までに月に住み、働くようになる | NASA

Aによると、宇宙飛行士は10年が終わる前に月に住み、月で働く途中です。 NASA 正式。

人類は2030年までに「一定期間」月面で活動する可能性があり、そこに住むための生息地と彼らの仕事をサポートするためのローバーがあると、米国機関の月面ローバープログラムの責任者であるハワード・フーは述べた。

「確かに、この10年間で、私たちが地上にいる期間に応じて、人々は一定期間生きることになるでしょう。彼らは生息地を持ち、地球上にローバーを持ち、彼はローラ・クンスバーグの番組でBBCの日曜日に語った。

胡氏は2月にNASAの深宇宙探査機を担当し、98メートル(322フィート)のアルテミスロケットが表面の月に向かって動力を供給しているときに日曜日に話していました. 初めての無人ミッション.

オリオン宇宙船を搭載した巨大なロケットは、技術的な不具合やハリケーンによる一連の遅延の後、水曜日にフロリダ州のケープカナベラルから打ち上げられました。

宇宙船は、アルテミス 1 ミッションのストレスと緊張を記録する 3 つの適切にフィットするマネキンを搭載しています。ロケットは現在、月から約 83,000 マイル (134,000 キロメートル) 離れています。

「これは、米国だけでなく世界のための、長期的な深宇宙探査に向けた最初のステップです。NASA にとって歴史的な日であると思いますが、NASA を愛するすべての人々にとって歴史的な日でもあります。有人宇宙飛行と深宇宙探査。

「私たちは月に戻ります。私たちは持続可能なプログラムに向けて取り組んでおり、これは私たちを再び月に連れて行く人々を運ぶ乗り物です。」

月面の宇宙船に乗った NASA の宇宙飛行士
1972 年 12 月のアポロ 17 号のミッション中に宇宙船に乗った NASA の宇宙飛行士ジーン・サーナン – 人類が月面に着陸した最後の時。 写真:NASA/ロイター

探査機は月から 60 マイル以内を飛行し、さらに 40,000 マイル飛行を続けた後、再びスイングして 12 月 11 日に太平洋に着陸することを目指します。 この宇宙船は、25 日間のミッションで 130 万マイルを移動します。

地球の大気圏に再突入すると、宇宙船は時速約 25,000 マイルで移動し、熱シールドの温度は摂氏 2,800 度 (華氏 5,000 度) 近くになります。 サンディエゴ沖ではにわか雨が予想されます。

ミッションの成功により、その後のアルテミス 2 号と 3 号の航海への道が開かれ、どちらも人間を月の周りに送り返します。 2026 年まで打ち上げられない可能性があるアルテミス 3 ミッションは、1972 年 12 月のアポロ 17 号以来初めて人類を月面に戻すことが期待されています。人類初の有色人種の月面着陸を訪問。

アポロの双子の姉妹にちなんで名付けられたアルテミス計画は、宇宙飛行士が月を周回しながら生活し、働く宇宙ステーションであるルナ ゲートウェイの建設も計画しています。 「前進するのはまさに火星だ」とフー氏はBBCに語った。 「これはより大きな出発点であり、2 年間の旅なので、地球の軌道を超えて学ぶことが非常に重要になるでしょう。」

READ  科学者たちは、宇宙で最も古い問題の 1 つを解決したと信じています