1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA のアルテミス 1 - オリオン宇宙船がアポロ 13 号の記録的な地球からの距離を超える

NASA のアルテミス 1 – オリオン宇宙船がアポロ 13 号の記録的な地球からの距離を超える

フライト 11 の日に、NASA のオリオン宇宙船は、太陽電池アレイの 1 つに取り付けられたカメラから地球を振り返る画像をキャプチャしました。 探査機は現在、月を周回する遠い逆行軌道にあります。 クレジット: NASA

アルテミス 1 号ミッションの 11 日目に、オリオンは月を越えて旅を続けます。 アクセス a 遠い逆行軌道 私に 11月25日金曜日、CST 午後 3 時 52 分。 オリオンは、月の軌道を出る前にこの軌道に 6 日間とどまり、太平洋で 12 月 11 日の日曜日に宇宙船を地球に戻す軌道に乗せます。

11 月 26 日土曜日の午前 7 時 42 分、オリオンは、人間を深宇宙に運び、地球に帰還させるために設計された宇宙船ミッションの距離記録を上回りました。 この記録は、アポロ 13 号のミッション中に、地球から 248,655 マイル (400,171 km) の距離で設定されました。 月から最も遠いオリオンは、11 月 28 日月曜日に地球から 270,000 マイル (435,000 km) 以上離れます。

エンジニアはまた、午後 3 時 52 分に Orion サービス モジュールで補助スラスターを 1 秒未満発射して、宇宙船を毎秒 0.47 フィートで推進することにより、最初の軌道維持燃焼を完了しました。 計画された軌道保守燃焼により、オリオンが月の周りを周回する軌道を微調整します。

オリオンの乗組員モジュールの内部

この高解像度画像は、アルテミス I ミッションの初飛行日のオリオン乗組員モジュールの内部を捉えています。左側にあるのは、科学者やエンジニアが理解するのに役立つデータを収集するためのセンサーを搭載した目的志向のローバー、モネケン カンポス司令官です。将来のアルテミスミッションのための深宇宙環境。 その中心にあるのは Callisto ペイロードです。これは、ロッキード マーチンが Amazon および Cisco と協力して開発した音声起動オーディオおよびビデオ テクノロジーのテクノロジー デモンストレーションです。 カリストは、深宇宙ミッションで将来の宇宙飛行士を支援する可能性があります。 Callisto の右下には、宇宙飛行士のスヌーピーであるゼロ グラビティ インジケータ アルテミス 1 世がいます。 クレジット: NASA

アルテミス I ミッションでオリオン座を飛行するのは、 ドワーフは適切に名前が付けられています しかし、アポロ 13 号を安全に地球に帰還させる上で重要な役割を果たしました。 アルトゥーロ・カンポス 彼は、アポロ宇宙船サービスモジュールに搭載された酸素タンクの爆発の後、安全に帰還するためにコマンドモジュールに十分な電力を供給する計画を考案した電気技師でした。 コマンダー・モニケン・カンポスは センサー搭載 乗組員が飛行中に遭遇する可能性のあるものに関するデータを提供し、深宇宙での有人探査を可能にするというカンポスの遺産を継続すること。

アルテミスはアポロの経験に基づいています。 アルテミスと共に、人類は今度は生き残るために月面に戻ります。[{” attribute=””>NASA will use innovative technologies to explore the Moon’s South Pole and more of the lunar surface than ever before using the Gateway space station in lunar orbit along with advanced spacesuits and rovers. NASA will lead the way in collaboration with international and commercial partners to establish the first long-term presence on the Moon. Then, we will use what we learn on and around the Moon to take the next giant leap: sending the first astronauts to Mars.

11 月 26 日土曜日、東部標準時午前 8 時 42 分 (東部標準時午後 13 時 42 分)。[{” attribute=””>UTC) the Orion spacecraft broke the record for the farthest distance traveled by a spacecraft designed to carry humans to deep space and safely return them to Earth. This distance is currently held by the Apollo 13 spacecraft. In this video, Apollo astronauts and flight directors give their insights into the Apollo program, the nation’s reaction then, and how the Artemis program will benefit the nation today. As we go back to the Moon, Artemis will prepare us to travel even deeper into space. Credit: NASA

As of 1:16 p.m. on November 26, Orion was 252,133 miles (405,769 km) from Earth and 52,707 miles (85,824 km) from the Moon, cruising at 2,013 miles (3,240 km) per hour. You can track Orion via the Artemis Real-Time Orbit Website, or AROW.

Learn more about how Apollo builds on Artemis and how Orion is designed for human missions to deep space.

READ  系外惑星:居住可能な惑星の探索は衰退したばかりかもしれない