2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASAは新たな「スーパーアース」、つまりわずか137光年離れた「ハビタブルゾーン」を周回する系外惑星を発表した。

NASAは新たな「スーパーアース」、つまりわずか137光年離れた「ハビタブルゾーン」を周回する系外惑星を発表した。

系外惑星 TOI-715 b の幅は地球の幅の約 1.5 倍です。

最近発見された「スーパーアース」には、生命を維持できる潜在的な温度と条件があるのだろうか?

新しい太陽系外惑星は、わずか137光年離れた「私たちにかなり近い」位置にあり、「ハビタブルゾーン」内を周回しているという。 NASA

天文学者らによると、TOI-715 bと呼ばれるこの惑星は地球の幅の約1.5倍で、小さな赤みがかった恒星の周りを公転しているという。 同じ星系には地球サイズの第2惑星も存在する可能性があり、確認されれば「TESSがこれまでに発見したハビタブルゾーン内で最小の惑星となる」。 [the Transiting Exoplanet Survey Satellite] NASAは1月31日のプレスリリースで「今までは」と述べた。

同機関によると、スーパーアースは親星からの距離を考えると、保守的な「ハビタブルゾーン」に位置し、表面に液体の水が形成されるのに適した温度(生命の維持に必要)が保たれている可能性がある。 「もちろん、他にもいくつかの要因が重なるはずだ」と付け加えた。

NASAは、ハビタブルゾーンの測定結果――「より広範な『楽観的な』ハビタブルゾーンよりも狭く、おそらくより堅牢な定義」――は、新たに発見された惑星、おそらく地球サイズより小さい惑星を親星からの「主要な位置」に配置していると述べた。

同局によると、スーパーアースは、地球の太陽よりも小さく温度が低い赤色矮星である親星から周回する距離が短いため、この惑星の「年」は地球の19日に相当するという。

NASAは、軌道が狭いということは「惑星の発見がより容易になり、より頻繁に観測できる」ことを意味すると述べた。

2018年の打ち上げ以来、TESSは、TOI-715 bなどのハビタブルゾーンにある系外惑星の天文学者の目録に加わり、NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡で詳しく調べることができると同局は述べた。

NASAは、ウェッブ望遠鏡は系外惑星を検出するだけでなく、「その大気の組成を調査し、生命の存在の可能性を探る手がかりとなる可能性がある」ように設計されていると述べた。

スーパーアースに関する研究と発見は、英国バーミンガム大学のジョージナ・ドレンズフィールドが主導し、1月に王立天文学協会の月刊通知に掲載された。

NASAは、今回の結果は、生命を維持するために必要な大気の状態を理解し、太陽系外の系外惑星の性質の探査を続けるという天文学者の使命の新たな一歩を示すものであると述べた。

READ  クラークスドルプ ボール: 30 億年前の岩石で見つかった奇妙なボール