1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASAの死んだ人工衛星が38年ぶりに地球に帰還

CNN の Wonder Theory 科学ニュースレターにサインアップしてください。 驚くべき発見、科学の進歩などのニュースで宇宙を探検してください。



CNN

NASA の人工衛星が、38 年間の軌道周回を経て地球に帰還しました。

ERBS として知られる地球の放射線収支衛星は、スペースシャトル チャレンジャーに乗って 1984 年に打ち上げられました。

2005 年まで、ERBS のデータは、研究者が地球が太陽からエネルギーを吸収および放射する方法を調査するのに役立ち、地球の成層圏におけるオゾン、水蒸気、二酸化窒素、およびエアロゾルの濃度を測定しました。

NASA の声明によると、米国防総省は、ERBS が日曜日の東部標準時間午後 11 時 4 分にベーリング海を越えて地球の大気圏に再突入したことを確認しました。

衛星の一部が再突入を生き延びたかどうかは、すぐにはわかりませんでした。 衛星のほとんどは、大気中を移動するときに燃え尽きると予想されていました。 NASA の計算によると、地球上の誰かが危害を受けるリスクは非常に低く、約 9,400 分の 1 です。

この衛星は、2 年間の寿命をはるかに超えており、合計 21 年間運用されています。

NASA は、ERBS に搭載された Stratospheric Aerosol and Gas Experiment II (SAGE II) がオゾン層が地球規模で減少していることを確認するデータを収集したと述べました。

このデータはそれを形成するのに役立ちました モントリオール議定書条約、 1987 年に数十カ国が署名した国際協定により、オゾン層を破壊するクロロフルオロカーボン (CFC) の使用が世界的に大幅に削減されました。CFC は、かつて気化器、冷蔵庫、エアコンで一般的に使用されていた化学物質です。

CFC の禁止が合意されない場合、世界は今世紀末までにオゾン層が崩壊し、地球温暖化がさらに 2.5°C 進行することになります。 2021年の研究を見つけました。

今日、国際宇宙ステーションの SAGE III は、オゾン層の健全性に関するデータを収集しています。

READ  今日、バスサイズの小惑星が地球の近くを飛んでいます。 ライブでご覧ください。